酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

<   2018年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

by whosanf | 2018-08-31 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-30 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-29 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(2)

平成30年6月11日。







a0096313_10480827.jpg






a0096313_10480824.jpg






a0096313_10481806.jpg






a0096313_10481881.jpg






a0096313_10482387.jpg






a0096313_10482314.jpg





a0096313_10482957.jpg






a0096313_10483055.jpg






a0096313_10484300.jpg






商店街を歩いて行くと、上の方を指差しながら話し込んでいる人たちがいた。

「なんですか?」

と、聞いたところアーケーードのやぐらの上にけっこう大きな猿がいた。

近くの山にたくさん猿がいて、商店街に時々姿を見せるというが、

物を盗んだり、人に危害を加えることはないそうで、

なんとも、のどかな商店街だった。






a0096313_10484391.jpg






a0096313_10485183.jpg






a0096313_10485136.jpg






a0096313_10490254.jpg








by whosanf | 2018-08-28 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-27 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-26 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

平成30年6月10日。


鴨島商業高校の2年生152人が一人千円ずつ出資し、模擬株式会社「アパカバル」を設立。

9月から鴨島中心商店街の空き店舗(20㎡)で商業体験として販売活動を行っている。

徳島市内の障害者共同作業所のリサイクル家電や、東南アジアのアクセサリー

などの輸入雑貨、石けんなど家庭から持ち寄った不用品などを市価よりも安く

店に並べて、仕入れや販売、会計処理など会社経営の基本を学び、

集客も期待されている。




a0096313_06180228.jpg







a0096313_06181730.jpg







a0096313_06183002.jpg







a0096313_06184521.jpg







a0096313_06183033.jpg







a0096313_06185120.jpg







a0096313_06184512.jpg







a0096313_06185782.jpg







a0096313_06185107.jpg







a0096313_06191181.jpg







a0096313_06191159.jpg







a0096313_06191106.jpg







a0096313_06191511.jpg















 






by whosanf | 2018-08-25 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)


平成30年6月10日。

 昭和40~50年代、鴨島町商店街を含む鴨島駅前は様々な店舗が建ち並び多くの買い物客で賑わっていたが、

昭和60年代以降は地域の人口減少と郊外型大型店舗などの進出により来街者が減少。

商店街の店舗数も減少し続け、一時は営業店舗数より空き店舗数のほうが多いという事態にまで陥った。
 
このような状況を踏まえ、商店街は平成23年から空き店舗を活用した賑わい創出事業に着手。

鴨島町出身の喜劇俳優「曾我廼家 五九郎(そがのや ごくろう)」の名を借りて、

常設のフリーマーケットである「ごくろうマーケット」、骨董品の展示・販売を行う「五九郎おもしろ館」、

大判焼き販売店「甘味処ごくろうさん」を次々オープン。来街者の商店街滞在時間の延びにつながった。

平成27年度はこれらに次ぐ第4の矢として、地域住民への調査で判明したニーズ「高齢者が集える施設」

「子どもが遊べるスペース」に応えるコミュニティスペース「五九郎わくわくサロン」の整備に着手した。




a0096313_06152045.jpg







a0096313_06152056.jpg







a0096313_06152689.jpg







a0096313_06152637.jpg







a0096313_06153224.jpg







a0096313_06153274.jpg









by whosanf | 2018-08-24 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

高知県室戸市「室戸岬」



平成30年6月10日。





室戸岬に着いた頃、再び横なぐりの雨が降り出した。



昭和9年、昭和36年に巨大な台風が上陸し、昭和9年の台風では京阪神地方で

高潮被害や強風による建物の倒壊被害により3,000人の死者、行方不明者を出し

昭和36年の台風では観測所の風速計が壊れるほどの強風

最大瞬間風速「84.5m/s以上を記録している。





a0096313_05570791.jpg





a0096313_05571449.jpg





a0096313_05571338.jpg






a0096313_05571857.jpg







a0096313_05570646.jpg

by whosanf | 2018-08-23 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)


平成30年6月10日。


高知市内を過ぎ、室戸岬のある半島に差し掛かった頃

雨が降り出した。

しばらく走ると「重要伝統建造物群保存地区吉良川町」

と書かれた木造の看板が目に止まった。

その頃には土砂降りの雨が降り続いていたので観光用の

駐車場に車を止め、1時間半ほどすると雨が小降りになったので

外に出た。


a0096313_07410536.jpg







a0096313_07410531.jpg




吉良川町は古来より木材や薪などの森林資源の集積地として

京阪神に出荷していたようで、大正時代になると製炭技術が発達し

吉良川炭は日本を代表する良質な備長炭となっていったようだ。



a0096313_07411162.jpg







a0096313_07411151.jpg





旧土佐街道沿いに切り妻造の町家が並ぶこの通りは下町地区と呼ばれる

集落で海岸部に近く、強い雨風から家屋を守るために

壁面は土佐漆喰が塗られ「水切り瓦」

と呼ばれる小さな庇が設けられている。





a0096313_07411418.jpg





a0096313_07411524.jpg





a0096313_07411933.jpg





a0096313_07411926.jpg





a0096313_07412569.jpg





a0096313_07412536.jpg





a0096313_07413014.jpg





a0096313_07413192.jpg

















by whosanf | 2018-08-22 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)