<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


平成18年4月18日。

英彦山は日本三代修験道場の霊山で、今まで山頂まで3度登ったことがあるが、

この日は30年ぶりに訪ねてみた。

英彦山で一番有名な英彦山神社へは行かず豊前坊という大天狗が支配していたと

される、英彦山の中でも厳しい修業が行われた場所で

山頂までむかう登山道の途中に巨木の様に林立した巨岩が

林立している。



a0096313_06424305.jpg






a0096313_06424053.jpg







a0096313_06423930.jpg






a0096313_06423469.jpg






a0096313_06423307.jpg








by whosanf | 2018-07-13 06:55 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

福岡県飯塚市「内住」


平成18年4月18日。


実家のある飯塚市は山に囲まれた盆地にあり、

今私の住む福岡市内からは行くには大まかに4っの

ルートがあるが、八木山峠、しょうけ越え、米の山峠、冷水峠

と、いずれも峠道を越えなければならない様な場所であり、

その峠の一つである「しょうけ越え」の途中に

内住とよばれ、山間部に数件ずつの集落が点在している。



a0096313_06361703.jpg







a0096313_06361468.jpg







a0096313_06362012.jpg






飯塚市「山口」







a0096313_06362375.jpg









by whosanf | 2018-07-12 06:47 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

平成29年12月30日。

バンコクの台所と呼ばれ古くからあるこの市場には、果物、野菜、魚、肉、

と色々な食料品を売る市場が立ち並び、地元の人々で活気があり

2時間ほどかけて場内を一周するうちに商品はみるみる売り切れていった。


市場の裏側では沢山の巨大なドブネズミが動き回り

先ほどまで食料品を並べていた棚の上で犬や猫が寝そべっており

犬、ねこ、ネズミには寛大な国なのだ。





a0096313_09093629.jpg







a0096313_09093724.jpg






a0096313_09093737.jpg






a0096313_09094650.jpg






a0096313_09094626.jpg






a0096313_09094762.jpg






a0096313_09095700.jpg






a0096313_09095786.jpg






a0096313_09100642.jpg






a0096313_09095857.jpg






a0096313_09100750.jpg






a0096313_09100706.jpg






a0096313_09101739.jpg






a0096313_09101675.jpg






a0096313_09102551.jpg






a0096313_09101863.jpg






a0096313_09102605.jpg






a0096313_09102662.jpg







a0096313_09103690.jpg







a0096313_09103609.jpg







a0096313_09104488.jpg







a0096313_09103735.jpg







a0096313_09104627.jpg







a0096313_09104555.jpg







a0096313_09105446.jpg







a0096313_09105354.jpg







a0096313_09110329.jpg







a0096313_09105457.jpg







a0096313_09110444.jpg







a0096313_09110421.jpg







a0096313_09111397.jpg







a0096313_09111206.jpg







a0096313_09112166.jpg







a0096313_09111409.jpg







a0096313_09112212.jpg







a0096313_09112279.jpg







a0096313_09113136.jpg







a0096313_09113043.jpg







a0096313_09114053.jpg







a0096313_09113215.jpg







a0096313_09114167.jpg







a0096313_09114135.jpg







a0096313_09114961.jpg







a0096313_09114866.jpg







a0096313_09115740.jpg







a0096313_09114919.jpg







a0096313_09115804.jpg







a0096313_09115702.jpg







a0096313_09120971.jpg







a0096313_09120820.jpg







a0096313_09121504.jpg







a0096313_09121005.jpg







a0096313_09121683.jpg







a0096313_09121652.jpg







a0096313_09123618.jpg







a0096313_09123733.jpg














by whosanf | 2018-07-06 07:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

平成29年12月29日。

バンコクの中華街へバスで向かう途中、中華街の入り口付近から

バスは歩くよりも遅い速度でノロノロと進んだが、車窓から見る

町の雰囲気や、欧米からの観光客、

現地の人々が混じり合い、人々の行き交う光景は

退屈する暇などないほど面白かった。

ファランポーンの駅でバスを降り地下道に入ると、

地下鉄へとつながる通路があり

入り口に所持品をチェックするゲートがあり、

通路は地上の光景とは対照的に近代的だったが、

地上へ戻りしばらく歩くと先ほどバスの車窓から見た

中華街にたどり着いた。






a0096313_06584097.jpg






a0096313_06584008.jpg







a0096313_06584613.jpg






a0096313_06584635.jpg







a0096313_06585325.jpg






a0096313_06585398.jpg






a0096313_06585977.jpg







a0096313_06590040.jpg







a0096313_06590773.jpg






 複雑に入り組んだ路地へ入ると商店街で働く住人のアパートがあり、

魚や、捌いたばかりのアヒルが店頭に並べられ

生活臭が溢れかえっていた。




a0096313_06590823.jpg







a0096313_06591559.jpg






a0096313_06591515.jpg





a0096313_06592258.jpg





a0096313_06592247.jpg





a0096313_06592854.jpg





a0096313_06592890.jpg





a0096313_06593636.jpg





a0096313_06593745.jpg





a0096313_06594277.jpg





a0096313_06594215.jpg





a0096313_06594907.jpg





a0096313_06594980.jpg





a0096313_06595893.jpg





a0096313_06595832.jpg





a0096313_07000588.jpg





a0096313_07000528.jpg





a0096313_07001048.jpg





a0096313_07001125.jpg





a0096313_07001861.jpg





a0096313_07002717.jpg





a0096313_07001932.jpg





a0096313_07003382.jpg





a0096313_07002735.jpg





a0096313_07004046.jpg





a0096313_07003445.jpg





a0096313_07005122.jpg





a0096313_07004165.jpg





a0096313_07005589.jpg





a0096313_07005279.jpg




















by whosanf | 2018-07-05 07:15 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)





平成29年12月28日。

先日ウォンエンヤイからマハーチャイへ向かう列車の窓から見た光景に

惹きつけられ沿線を歩いてみると、ビルの谷間にタイの古い時代の

生活が垣間見えた。

住居の間を流れるクリークはドブ臭く決してきれいとは言えないが

私が子供の頃の環境は同じ様な光景が各地に広がり、



観光としての通りすがりの目線からは、懐かしさだけが美化され

目に焼きついた。






a0096313_19383734.jpg






a0096313_19181996.jpg






a0096313_19383762.jpg






a0096313_19390797.jpg






a0096313_19390793.jpg






a0096313_19391464.jpg






a0096313_19391573.jpg






a0096313_19391624.jpg






a0096313_19391760.jpg







a0096313_19392399.jpg







a0096313_19393763.jpg







a0096313_19393861.jpg




沿線の一角で火事で消滅した商店街があった。

日本でも古い木造家屋は、地震や、火災の時に被害を

拡大させるという理由でどんどんと、取り壊されている

そういった現実を目の当たりにすると

やり場のない悲しみを感じるが、人がその場所で生活を

続ける限りは撮り続けたいと思っている。






a0096313_19394222.jpg





















by whosanf | 2018-07-04 22:24 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)