カテゴリ:災害( 18 )



平成30年4月23日。


4月11日の早朝3時40分ころ発生した土砂崩れにより、民家4軒が被災し

6人の方が亡くなった。

現場は1級河川山国川支流金吉川沿いで土砂災害警戒区域に指定された

急斜面で、土質は溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)や安山岩で形成されており

風化が進んでもろくなった岩盤が

多量に雨が降っていない中で崩壊した、極めてまれなケースだと

専門家は指摘したが、地元住民によると崩落当時、強い風が吹いており

崩落地店に植えられた杉の木が風に揺さぶられ、崩落のきっかけになったと

する見解もある。



取材に訪れたこの日の早朝6人目の遺体が見つかった。




a0096313_07080681.jpg






a0096313_08442700.jpg






a0096313_08442743.jpg














a0096313_07080783.jpg








by whosanf | 2018-08-18 07:00 | 災害 | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-17 07:00 | 災害 | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-16 07:00 | 災害 | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-15 07:00 | 災害 | Comments(0)

福岡県朝倉市「松末」

by whosanf | 2018-08-15 07:00 | 災害 | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-13 07:00 | 災害 | Comments(0)
by whosanf | 2018-08-12 07:00 | 災害 | Comments(0)

平成30年4月21日。

隣接する真竹集落へは道路が寸断され、まだ車で行くことは出来ない。

二つの集落を合わせて12世帯25人の住居は全て倒壊した。






a0096313_06021155.jpg






a0096313_06021260.jpg






a0096313_06022252.jpg






a0096313_06022358.jpg






a0096313_06022702.jpg











by whosanf | 2018-08-10 07:00 | 災害 | Comments(0)

平成30年4月21日。


朝倉市志波、道目木谷川の上流にある集落。





a0096313_05221796.jpg






a0096313_05221769.jpg







a0096313_05222289.jpg







a0096313_05222347.jpg







a0096313_05222797.jpg







a0096313_05222727.jpg







a0096313_05225708.jpg







a0096313_05225867.jpg







a0096313_05241929.jpg







a0096313_05230352.jpg

















by whosanf | 2018-08-09 07:00 | 災害 | Comments(0)
平成29年8月5日奄美大島名瀬朝戸。

産経ニュースより画像転用。

a0096313_11221332.png


台風5号が上陸した奄美大島(奄美市)では降りはじめからの降水量が2日で

589ミリに達し、九州北部豪雨で朝倉市の総雨量586ミリを超える。

朝倉市を超える災害が起きるのでは!」と危惧して居たが。

奄美大島全体で数カ所の土砂崩れを起こしただけに留まった。

この違いは奄美大島には自然の森が多いという事だ

グーグルアースや奄美大島の人工林の分布を調べてみて次のような事が判った。


(奄美大島人工林分布図)
「平成27年12月22日 に品森林技術協会調査報告。」

a0096313_09461103.png
赤丸で囲ったところに杉の木の人工林が有るが、広葉樹林の樹冠に覆われ、

被圧されながら生育しているため広葉樹が優占し杉の木の分布範囲はごくわずか

だと報告されている。





奄美大島全土の航空写真。



a0096313_09530757.png


名瀬市上空。



a0096313_09532228.png

大和村上空。
a0096313_10095774.jpg

宇検村上空。



a0096313_10141423.jpg
瀬戸内町上空。

a0096313_10150846.jpg
上空から見ると人が住む場所以外、島全体がびっしりと樹木に覆われている事が判る。

奄美大島は平成22年に奄美市で総雨量766.5ミリと今回を上回る豪雨

災害を経験しているが死者3人負傷者2人全壊家屋10棟半壊家屋443棟

となっており九州北部豪雨死者36人負傷者21全壊家屋173棟半壊家屋577棟

に比べると奄美大島の方が降水量が多いのに被害が少ないのが判る

その理由は自然林と人工林の比率にはっきりと現れている。









by whosanf | 2017-08-07 11:24 | 災害 | Comments(0)