酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

タイ バンコク Khlong Ton Sai周辺






平成29年12月28日。

先日ウォンエンヤイからマハーチャイへ向かう列車の窓から見た光景に

惹きつけられ沿線を歩いてみると、ビルの谷間にタイの古い時代の

生活が垣間見えた。

住居の間を流れるクリークはドブ臭く決してきれいとは言えないが

私が子供の頃の環境は同じ様な光景が各地に広がり、



観光としての通りすがりの目線からは、懐かしさだけが美化され

目に焼きついた。






a0096313_19383734.jpg






a0096313_19181996.jpg






a0096313_19383762.jpg






a0096313_19390797.jpg






a0096313_19390793.jpg






a0096313_19391464.jpg






a0096313_19391573.jpg






a0096313_19391624.jpg






a0096313_19391760.jpg







a0096313_19392399.jpg







a0096313_19393763.jpg







a0096313_19393861.jpg




沿線の一角で火事で消滅した商店街があった。

日本でも古い木造家屋は、地震や、火災の時に被害を

拡大させるという理由でどんどんと、取り壊されている

そういった現実を目の当たりにすると

やり場のない悲しみを感じるが、人がその場所で生活を

続ける限りは撮り続けたいと思っている。






a0096313_19394222.jpg





















by whosanf | 2018-07-04 22:24 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)