酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

タグ:脱原発 ( 2 ) タグの人気記事


平成29年8月9日。

今日は長崎に原爆が投下され72年目の日。

被爆体験を漫画家として描き続け各地で講演活動を続けている西山進さんと、

そのドキュメントを取り続ける映像作家の谷本さんと記念式典に参加した後、

原爆投下直後の足取りを本人の案内で廻り、あまりにも悲惨な話に核爆弾の

脅威を身にしみて感じ、西山さんの体験を後世に伝える重責を実感した。


昨年谷本さんが国際平和映像祭2016に発表し「地球憲章賞」を受賞した作品。


『漫画家西山進71年目の夏』


この作品マンハッタンの13丁目、ユニオン。

スクエアの近くのギャラリー)で8月6日公開された。


a0096313_21580328.jpg








a0096313_21581511.jpg



当時17才の西山さんが働いていた三菱造船所。

原爆投下直後、敷地内の防空後に逃げ込みその2時間後に

工場の屋根から長崎市内が燃えているのを見た。




a0096313_06420617.jpg




当時の惨劇を紙芝居にして主に小学校で講演活動を続けている。

その中から原爆投下直後の絵を抜粋し、掲載。





a0096313_07455513.jpg

a0096313_07004698.jpg





a0096313_07313580.jpg





a0096313_07010458.jpg





a0096313_07323093.jpg



a0096313_07021652.jpg



a0096313_07341271.jpg

a0096313_07031306.jpg



a0096313_07345854.jpg




a0096313_07032814.jpg


a0096313_07353165.jpg


a0096313_07370374.jpg


a0096313_07392044.jpg


a0096313_07390073.jpg



a0096313_07400694.jpg


a0096313_07040823.jpg



a0096313_07410949.jpg



a0096313_07042135.jpg
a0096313_07415499.jpg



a0096313_07043365.jpg


a0096313_07434054.jpg




a0096313_07442971.jpg




a0096313_21441388.jpg



by whosanf | 2017-08-09 21:58 | 原発廃止 | Comments(2)

原発はいらない。



脱原発九州ネットワーク(深江守代表)の呼びかけにより九州各地から

14団体の各代表、個人参加者を含む80名が九州電力本社に集まった。



a0096313_935555.jpg




事前に脱原発ネットワークは九電に対して、福島第一原子力発電所の事故を

どうとらえるかを公開の場所で説明会の実施してほしいと要望書を提出していた。

再三回答を求めたが、忙しいという理由でこれまで回答が得られず、

事前に連絡を取り付けた上で直接九電本社を訪れた。

要望書の詳細




a0096313_9153540.jpg




これに対し対応した九電側が設置した場所は、家族会議でもする様な小部屋だった。



a0096313_9161885.jpg





a0096313_9172247.jpg





a0096313_9171235.jpg





a0096313_917167.jpg




こんな場所では話にならん!と、場所の変更を要求し話し合いは一時中断。

参加者の中には福島から震災の翌日に福岡へ避難してきた母親と子供

若い夫婦、長崎原爆で被爆し、体験を通じてご自身の惨状と放射能の

恐怖を切に訴える男性もいた。



a0096313_9334556.jpg




a0096313_9331830.jpg




30分後、場所を九電本社入り口の歩道に移し、質疑が継続された。

玄海原発の始業開始以前から、長い人で40年以という長い期間に渡り反対運動を

続け、今回福島原発の事故を受けて、切実な願いが九電側に伝えられた。



a0096313_1003130.jpg




しかし、公開での説明会の実施という明確な回答は九電からは得られず、

その実施を要望し座り込みに入った。

(回答が得られるまで座り込みは昼夜を問わず泊まり込みで現在も続いている。)



a0096313_1034495.jpg




a0096313_103568.jpg




未だに終息の糸口さえ見えない福島原発の甚大な事故を受け、政府主導で

日本各地にある電力会社は原発推進を大きく見直し、脱原発を推進すると

国民の誰もが期待を持っていたと思うが、九電は十分とは言えない安全策を

公にする事無く、運転停止中の原子炉を5月中に運転再開すると発表している。



 この期に及んで、万全な安全対策などあり得ない。

私は切に、九電は日本の電力会社の先駆けとして脱原発を宣言し、知力を集結して自然エネルギーへの取り組みを推進してゆく事を望む。

4月23日14時中央区警固公園に集合し九電までのデモ行進が行われます。
原子力発電に反対の意志を示すため、あなたも参加しませんか?




a0096313_1042682.jpg

by whosanf | 2011-04-22 10:53 | 原発廃止 | Comments(3)