酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:日々のできごと ( 432 ) タグの人気記事




平成27年11月20日。




隣接するテーマパーク(スペースワールド)からはジェットコースター

が通過するたびに、華やいだ歓声が上がる。



a0096313_15411740.jpg




今地域の商店街は高齢の店主と、周辺に住むお年寄りに支えられ

細々と営業を続けていろ。



a0096313_15413498.jpg





地方都市の商店街や市場は車社会を反映し、

郊外のショッピングセンターに客が集中し車を持たない

お年寄りは徒歩圏内で行ける昔からの商店街で買い物をするため

皮肉な事に活気のある商店街の周辺はお年寄りがたくさん住んで

いる事を表している。




a0096313_15415472.jpg




a0096313_1542955.jpg




a0096313_15422770.jpg




a0096313_154249100.jpg




a0096313_15431699.jpg




a0096313_15433864.jpg




a0096313_1543563.jpg




a0096313_1544121.jpg

by whosanf | 2015-12-05 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)


平成27年11月20日。


明治22年遠賀郡尾倉村、大蔵村・枝光村が合併し、八幡村となる。




a0096313_16181858.jpg





大正6年、市制施行により、八幡市となる。



a0096313_16185881.jpg





昭和38年八幡市が小倉市、門司市、戸畑市、若松市との合併により、

北九州市の一部となる。



a0096313_16192613.jpg




かつては製鉄業で栄えた街で、新日本製鐵八幡製鉄所がある。

同製鉄所の減産等の影響により、工場用地の有効利用を目指して、

東田地区には、宇宙をテーマにしたテーマパークである

スペースワールド、イオン八幡東ショッピングセンターなどの

新しい施設等が建設され再開発が進んでいる。



a0096313_16194350.jpg




一方で区の少子高齢化が北九州では一番高く、

今後も少子高齢化は進行することが予想されており、

特に皿倉山の麓に位置するこの地域においてはその傾向が顕著である。




a0096313_1620971.jpg




a0096313_16202823.jpg




ラーメン大盛りが400円。

今時、うれしい。



a0096313_16204338.jpg

by whosanf | 2015-12-04 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

夕日。

by whosanf | 2015-11-25 10:00 | 風景写真 | Comments(0)


平成27年11月5日。



鷹野橋商店街アーケードの中にある公設市場で、肉屋、八百屋、

総菜屋など食料品を中心にした20店ほどの店舗がある。



a0096313_13274024.jpg




a0096313_13275915.jpg




a0096313_1328186.jpg




a0096313_13283589.jpg




a0096313_1329023.jpg




a0096313_13291926.jpg




a0096313_13293587.jpg




a0096313_13295389.jpg




a0096313_13301321.jpg




a0096313_13303226.jpg




a0096313_1331016.jpg

by whosanf | 2015-11-24 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

樹の生命力7。

by whosanf | 2015-11-23 10:00 | 森林 | Comments(0)


平成27年11月5日。



鷹野橋商店街の歴史は、大正8年の公営(市営)市場の開設を契機として、

交通の要衝でもあった当地に商店の集積が始まったことから始まる。
 
戦災により壊滅状態となったが、公設市場の再開など復興に力を入れ、

昭和28年に第1次街路灯の建設と街区整備を続け、

昭和40年には念願のアーケードを完成させた。
 
商店街組織は、昭和21年にバラック建て30数店の南栄会の結成に始まり、

昭和37年に中国地方初の振興組合として改組し、大いに注目を浴びた。



a0096313_13195178.jpg




a0096313_1320997.jpg




a0096313_13202247.jpg




a0096313_13203551.jpg




a0096313_13205294.jpg




a0096313_1321621.jpg

by whosanf | 2015-11-22 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

樹の生命力6。

by whosanf | 2015-11-21 10:00 | 森林 | Comments(0)

広島市 中通り商店街。

平成27年11月5日。


江戸時代、広島の本通は広島城下を横断する山陽道(西国街道)だった。

毛利輝元によって建設された広島城下町では、城下の北を通っていた山陽道を、

後を引き継いだ福島正則の業績により現在のように城下を貫く道になった。



a0096313_1227586.jpg





被爆により一旦は壊滅状態となったが1954年(昭和29年)

にはアーケードを設置し復興。

平成4年にアーケードの架け替えを行い現在に至る。



a0096313_12282892.jpg




a0096313_12284184.jpg




a0096313_12285446.jpg




a0096313_1229768.jpg




a0096313_12292030.jpg




a0096313_12293289.jpg




a0096313_12294595.jpg




a0096313_12295741.jpg




a0096313_1230956.jpg




a0096313_12302123.jpg

by whosanf | 2015-11-20 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

阿蘇の山肌。

by whosanf | 2015-11-19 10:00 | 風景写真 | Comments(0)


平成27年11月5日。




明治38年に日本初の国産バスが当地で運行開始した

「国産乗合バス発祥の地の商店街」。




a0096313_1142839.jpg





明治以降、広島市都心部と周辺地域を連絡する交通結節点に位置する

物資供給拠点として役割を果たしており、

今日もJR横川駅を中心に広島市内第2の交通結節点としてその位置にる。



a0096313_1144557.jpg




戦災復興期には大きく賑わった横川地区だが、昭和40年代後半頃から、

郊外型店舗の増加や当地区からの町工場の撤退等の社会

周辺状況の変化から、当地区の拠点性が薄れ経営環境悪化と

地盤沈下に直面したが、商店街と子供会・体協等の地域団体をはじめ、

旧来からの近隣住民と商店街の結束は強く、カラー舗装

街路灯整備等の住空間改善、地域のイベント「横川ふしぎ市」、

チャレンジショップ等、商店街の各種事業や地域の魅力創出

発信についても地元の多くの協力を得て取り組む事で乗り越え、

地域・住民の期待に応えて今に至っている。



a0096313_1153838.jpg




a0096313_1155815.jpg




a0096313_1161311.jpg




a0096313_1162686.jpg




a0096313_11639100.jpg




a0096313_1165112.jpg




a0096313_117387.jpg




a0096313_1171562.jpg

by whosanf | 2015-11-18 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)