熊本地震災害地へ。


平成28年6月3日。

阿蘇大観峰を経て熊本県益城町へ向かう。

いつも阿蘇山を撮影している阿蘇外輪山にある展望台は

どこも斜面が崩落し立ち入り禁止になっていた。



a0096313_18585990.jpg




翌日内牧からミルクロードが通る外輪山を見上げると

大規模に崩れているのを確認した。



a0096313_1933450.jpg




a0096313_193534.jpg




益城町下小谷集落。

瓦葺きの和風家屋が多く、どの家も瓦が崩れ落ちている。

住民の方々は梅雨l入りを前に不安な日々を過ごしている事を

思い胸が痛む。




a0096313_199468.jpg





益城町寺迫交差点付近。

道路に散乱した瓦礫が撤去され車や歩行者が行き交い、信号待ちで壊れかけた

家屋のすぐ横に渋滞の列が続く。

大きな余震が発生すると再び家屋が道路側に倒れる危険性は大きい、

広範囲に広がる被災家屋を身の危険を顧みず撤去する作業の姿に

頭が下がる。



a0096313_19174014.jpg





a0096313_19175173.jpg





a0096313_191831.jpg





a0096313_19181658.jpg





a0096313_19183028.jpg





a0096313_19184259.jpg





a0096313_19185682.jpg





a0096313_19191418.jpg





a0096313_19192975.jpg
a0096313_19194260.jpg





a0096313_19195746.jpg





a0096313_1920964.jpg





a0096313_19202229.jpg





a0096313_19203623.jpg





a0096313_19205052.jpg





a0096313_19215100.jpg





a0096313_19212297.jpg





a0096313_19213746.jpg





a0096313_19215463.jpg





益城町福田。

田んぼに現れた活断層は布田川断層からの分岐断層で、

不思議なことにすぐ脇にある住宅は

無傷だったが、家主と庭越しに話すと「田植えの時期だが水源地が崩壊し、

この集落では今年の田植えを見送った。」と聞き、返す言葉が無かった。




a0096313_19275161.jpg





a0096313_1928419.jpg





a0096313_19281778.jpg





a0096313_19282925.jpg





a0096313_19284561.jpg

# by whosanf | 2016-06-08 19:31 | 環境問題