酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

気温9.3度。
前日より5度も気温が上がり完全防寒で出かけた警固公園は思った以上に暖かい。

 若者が中心となり、「脱原発デモを実行するTwitter有志」によるデモが行われた。
 
「声を上げるのが苦手な人は太鼓を貸します。」

「ポケットの小銭でいいですからカンパをお願いしま〜す。」

会場は久しぶりの陽射しに照らされ、ほのぼのとしている。

出発時、100名程が集った。
a0096313_1641778.jpg


呼びかけに応じて集まった人たち。

若い家族連れの参加が目立った。
a0096313_16433552.jpg

a0096313_1646374.jpg

a0096313_164649100.jpg

a0096313_1647817.jpg

a0096313_16471885.jpg


一般の人々と、デモ参加者の肩がふれあう程の距離が良かった。

歩き始めて一時間。

デモ隊の数が200名程に増えていた。
a0096313_16473530.jpg
a0096313_16475091.jpg


行進を終え、デモの発起人(ゴンゾー)と呼ばれる若者が照れくさそうに挨拶。

「自分のような若者の呼びかけに、これだけ沢山集まっていただき感動しています!。」

暖かい拍手が公園に鳴り響いた。

a0096313_164809.jpg

by whosanf | 2012-01-30 17:12 | 原発廃止 | Comments(3)

おくればせながら。

本年もよろしくお願い致します。

昨年12月11日、右手の手首を骨折し、14〜26日まで人生初の入院生活を
送り、貴重な体験をしてきました。
a0096313_1727576.jpg


骨折を口実に、今年の年賀状をさぼってしまいました。
年賀状をいただいた皆さんこの場をお借りして、       「ごめんなさい!」

未曾有の大災害に見舞われた年の瀬をを「トホホ」とつぶやきたくなるような
出来事で締めくくってしまいましたが、若い女性看護士(23〜26歳総勢37名)が
休む間もなく介護をする整形外科病棟の現場は、
壮絶であると同時に(竜宮城)・・・・ 何が?   の 様 な世界 でもありました。

この貴重な体験は、「きっと何かの役に立つ時が有る」と、リハビリに励んでいます。^^
(もう、カメラが持てるようになりました。)
by whosanf | 2012-01-11 17:31 | つぶやき | Comments(4)