<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小出先生訪問。

反原発を訴える数少ない学者の一人である、京都大学原子炉研究室准教授の小出裕章先生が
先日、九電前広場へ来訪されました。

私は直接お会いした訳ではありませんが、あった人によると、誠実さがにじみ出るような
人柄だったそうです。 


by whosanf | 2011-09-27 07:14 | 原発廃止

竹炭つくり。

「今日も雨ですね〜。」そんな声が挨拶代わりに交わされ、
二丈町の竹林でと竹炭を焼くための、竹の伐採作業を行った。

雨天での作業が続くので、合羽姿も様になってきた
日本熊森協会福岡支部の皆さん。

a0096313_13125623.jpg

孟宗竹を窯のサイズに合わせて、150センチの長さにして切り出す作業。
a0096313_13211146.jpg

経験者はほんの数人。
ほとんどの人が慣れない作業。
思った以上に竹は重い。枝払いも大変だ。雨より汗で、合羽の中はびしょ濡れだ!。
a0096313_1332982.jpg

竹炭と同時に「鉄炭だんご」を焼く。
と言うより、こちらの方が本来の目的。
a0096313_13371229.jpg

鉄炭だんごは、鉄粉と竹炭粉に粘度を混ぜ団子状に丸めたものを、窯で焼き
焼き固めて作り、酸性化した土壌に埋めると土壌が活性化する。
レンガのように焼き固めてあるので、その効果が持続する。
a0096313_13473252.jpg

仕事の後のご飯はおいしい!降り続く雨を避け、竹林の脇にあるお堂で一休み。
a0096313_13575031.jpg

一昔前、竹林一体はお墓だった。
今は集めて納骨堂におさめれれている。
その話を地元の会員の方から聞き、皆で手を合わせる。
a0096313_13563516.jpg

竹はそのまま焼くと、窯の中で破裂する。
一本一本先の尖った鉄棒で突き、穴をあける。
a0096313_1424111.jpg

午後4時半作業終了。軽トラック3台分の竹を切り出した。
a0096313_1461646.jpg

by whosanf | 2011-09-20 14:07 | 環境問題

人間の鎖

反原発デモで知り合った映像ディレクター(映像屋 T )さんが
「九州 脱原発 人間の鎖 Men&Women」と言うタイトルで
脱原発にかかわる人達の人間模様を映像で紹介する企画を
立案し、タイトルバックの写真撮影を手伝う事になった。
a0096313_1441010.jpg


Tさん、普段の仕事ではご自身でビデオカメラを手にする事はめったにありません。
今回は、企画、インタビュワー、カメラマン、編集をすべて一人でこなしてます。

その企画の一人目が九電前広場村長の青栁さんです。

今後映像を通じ、人間の鎖をつなげてゆく予定です。



by whosanf | 2011-09-13 14:04 | 原発廃止

9.11サウンドデモin福岡

 暑さを避け、午後3時からデモの集会は始まった。

a0096313_10445382.jpg


「原発を推進する人が沿道からこころ無いやじを飛ばしてくるかもしれませんが
 
 笑って受け流す。余裕で楽しく行進しましょう!」

a0096313_11503031.jpg


 いろんな格好で集まった人々を見ていつも思い浮かぶのは、雑木林。

a0096313_1152592.jpg


 色とりどりの姿、それぞれの表情に個性とたくましさを感じる。

a0096313_11553566.jpg


 9月にしては暑い。

 出発を前にナシが配られ、皆の顔がほころんでいる。

a0096313_1204776.jpg


沿道からはいつもの罵声が聞こえていたが、最初の時のように気にはならない。

a0096313_12125129.jpg


 子供を守ろう。

a0096313_12164157.jpg


 母さん達。いつからこれほどたくましくなったのだろう?

a0096313_12165365.jpg


 その分父さん、優しくなった。

a0096313_12282960.jpg


a0096313_1228588.jpg


 原発とめろ。

a0096313_1229489.jpg


 会場に被災地から職探しのため福岡に来た。と言う年配の男性が居た、と後から聞いた。

a0096313_12304196.jpg


「こんなことで、原発が止められるとは思わない。まるで祭りのようだ。

 被災したものでなければ、気持ちがわからないと会場を後にした。」

a0096313_1231526.jpg


 だが、このようなデモだから私は今回もここに来た。

 先の見えない抗議だが、次回も私はここに来る。

a0096313_1232785.jpg

  ゲンパツ、げんぱつ、いらんばい。〜♪
a0096313_13123444.jpg

 
 核のゴミ、処理できません。

a0096313_12332552.jpg

 
 このあいだ、たくさんの高校生がカンパをくれた。

a0096313_12393343.jpg


ヘルメットをかぶり赤旗を掲げて叫ぶ集団が、嫌悪感として、

少年の頃の私の記憶にある。

a0096313_1242083.jpg


a0096313_12421330.jpg


叫ぶだけでは声は届かない。

a0096313_12422955.jpg

  
 みんな必死で模索している。 

a0096313_12424675.jpg


 行進の一番最後には、いつもゴミ袋を手にしたスタッフがいる。

a0096313_12442890.jpg


疲れたけど、きもちイイッスヨ〜。

a0096313_12462564.jpg


9月11日震災から丁度半年。
九州各地で同時に反原発デモが行われ、福岡では1016人の人が集まった。

a0096313_12495342.jpg

by whosanf | 2011-09-13 13:00 | 原発廃止

皮むき間伐。篠栗町

台風12号による大雨は和歌山県を中心に各地で土石流災害を引き起こし、
大勢の方が犠牲になられました。 心よりお悔やみ申し上げます。

一見、緑に覆われ自然豊かに見える日本各地の山々は行き過ぎた植林で山は荒廃し
大雨による土石流災害を引き起こしやすい状況になっている。

台風12号の余波を受けしとしとと小雨の降り続く中、昨年に引き続き篠栗町で
熊森協会福岡支部の皆さん(総勢20)で皮むき間伐を行った。
日本熊森協会は豊かな自然の森の復元を目指し、日本各地で皮むきによる
間伐を実践する自然保護団体です。
a0096313_16292088.jpg

前回に引き、続き地元で造園業を営む村島さんの持ち山を提供していただいた。
a0096313_16304178.jpg

植林から40年、ゆるやかな傾斜地に同時期に植えた木と思えない程に成長に
ばらつきのあるヒノキが点在している。
a0096313_16354827.jpg

小雨が幸いしたのか、それほど暑さは感じない。
a0096313_16395847.jpg

皮むき間伐初体験のメンバーも要領が解ってくると、夢中で作業に没頭
している。
はぎ取ったヒノキ地肌から、なんとも言えない、よい香りが漂う。
a0096313_1641582.jpg

作業道路は、雨でどろどろにぬかるんでいる。
a0096313_16463196.jpg
a0096313_164938.jpg

皮むきから1年ほどで木は程よく水分が抜け、天然乾燥した良質の木材に
なるが、そのような利用はまだ一般的ではない。
a0096313_1655124.jpg

およそ1ヘクタールの面積に点在するヒノキ130本の間伐を、4時間で
終了。
 皆、よれよれでドロドロですが、達成感でいい顔しています。
by whosanf | 2011-09-05 17:03 | 環境問題