酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

12月の空

暖冬かと思ったとたんに雪が降ったり、きまぐれな寒暖の差を繰り返した
今年の12月の天気でした。
暗いことが立て続けに起こる世相を反映して天からの警告か?。
来年は謙虚に、足下をみつめて行きますか。

12月28日
a0096313_1243050.jpg
12月27日
a0096313_1251660.jpg
12月26日
a0096313_126338.jpg
12月13日
a0096313_126449.jpg
12月10日
a0096313_1271394.jpg
12月7日
a0096313_1275024.jpg
12月2日
a0096313_1281654.jpg

by whosanf | 2008-12-29 12:09 | | Comments(1)

情報過多

そんな時代だからこそ、時代の波におぼれないように、信念を持つ事が大事なのだと思うのです・・・・・・・・。
a0096313_10493468.jpg

by whosanf | 2008-12-19 11:01 | 風景写真 | Comments(0)

ふしぎな風

夜、寒風の吹き付ける中、自転車を漕いで自宅へ帰る途中の事です。
いつもの坂を上り終えたとたん、生暖かい風がモワ〜っと吹き付けて
家の周り一帯が暖気に包まれていました。

その事とは何の関係もないでしょうが、翌朝の空はきれいな朝焼けでした。
a0096313_13184570.jpg

by whosanf | 2008-12-10 13:24 | 風景写真 | Comments(0)

福岡県飯塚市「商店街」


私のふるさとは昔炭鉱の町として栄えた筑豊炭田の一角にあり、

筑穂町と呼ばれていましたが、

町村合併により2年前より飯塚市となりました。

以前は出身地を聞かれ、知名度の低い筑穂町とは言わず、

「飯塚のあたり」と言葉を濁していましたが、

筑穂町という地名が消えたのは残念ですが、

今は堂々と飯塚市と言えるようになったのです。

子供身近な都会は飯塚で、味の基準(ほとんどラーメンかうどん)、

酒の飲み方のスタイルがこの町でで形成されたほど

飯塚商店街は思いで深い場所です。


a0096313_1237582.jpg




ひよこ饅頭や千鳥饅頭を東京の人たちは博多名物と思っている様ですが、

本店は飯塚にあり、「すくのかめ」で有名な栄屋もそうです。


a0096313_12413545.jpg




学生の頃、この通り沿いのラーメン屋で夕方6時から夜の12時までアルバイト

をしていました。

 豚の骨を薪割りでたたき割ってスープを仕込んでいました。



a0096313_12441648.jpg




a0096313_12445037.jpg




a0096313_1245613.jpg



商店街に足を踏み入れたのは何十年ぶりでしょう、

表通りを車で行き過ぎる事はありましたが、

アーケードの中がこれほど立派なだとは想像もしていませんでした。


a0096313_12481217.jpg



[#IMAGE|a0096313_12491212.jpg|200812/13/13/|mid|700|467#

]昨日まで詠唱会と呼ばれる年末恒例の大安売りセールが行われ

にぎわっていたそうですが、

この日は日曜日にもかかわらず、残念ながら人影はまばらでした。



a0096313_1253510.jpg


昔からそのまま存在している店もありましたが、

この公設市場は昔は丸和というスーパーが在ったと記憶しています。


a0096313_12552360.jpg



a0096313_1257673.jpg


ちょうど1年前、この場所で大きな火災が在り、

かなりな数の店鋪が焼けたそうですが、市民一丸となり復興につとめ、

がんばる日本の商店街ベスト77にえらばれたそうで、

これからもがんばってほしいものです。
by whosanf | 2008-12-08 21:08 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)

雪の朝

夜明けの時刻。

いつも目にする山並みは、深い雲が覆っていてその姿を見る事は出来ませんでした。

しばらくして降り出した大粒の雪に、あたり一面が真っ白な雪に覆われて行き

、のぞいた雲の切れ間からは、

雪に覆われた山の姿がド〜ンと横たわっていました。

a0096313_1451571.jpg


福岡で雪が積もるのは1月か2月。

12月に積雪という記憶は、あまり無い。

柿に雪、珍しい風景です。

a0096313_14542039.jpg


a0096313_16103783.jpg

by whosanf | 2008-12-06 14:52 | 風景写真 | Comments(0)

肥前 鹿島

昨年の9月に鹿島を訪れた時は、この町のシンボルともいえる
朱塗りのお大鳥居が、惜しまれながらも取り壊される直前でした。

今回、大鳥居のあった場所にその跡形は残っておらず、
一抹の寂しい空間がそこにはありました。

鳥居のあった場所から歩いて数分のところに、昔の白壁作りの倉が連なった
宿場があり、住民になんとか支えられて、その姿を留めています。
a0096313_15132712.jpg
a0096313_15135649.jpg
魚屋と書かれた建物のガラス越しに、歌う井上陽水のパネルが。
a0096313_1521286.jpg
昨年、最後に見た大鳥居。
a0096313_15223772.jpg
a0096313_15224987.jpg
a0096313_1523289.jpg

by whosanf | 2008-12-03 15:25 | 風景写真 | Comments(2)

霜の降りた朝。

by whosanf | 2008-12-01 09:46 | 日の出 日の入り | Comments(0)

快晴

by whosanf | 2008-12-01 09:43 | | Comments(0)