酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昼飯で完敗。

仕事で天草に行った。

天草は車エビの養殖が盛んなところで、昼食は海老でも食べよう
と言う事になり、海老料理専門店に入った。
そこでおしながきをみていると、店のおかみさんが今の時期、車エビ
は旬ではないのであまりお勧めでは無いような事を言う。
海老料理専門などという看板をあげておきながらかなり弱腰な態度。
その店にたどり着くまで、数件ほかの店を回ったがどこも、結構いっぱいで少し
妥協して選んだ店だった。
ほかのスタッフも腹ペコな状態だったので今さら店を変えるわけにも行かず、
そこで食べることにした。
6人のうち2人が海老会席をたのみ、僕を含む4人が裏切って刺し身定食を頼んだ。
そこで待つことしばし、出てきた海老定食の海老はたしかに普通より2周りほど小ぶり
だだった。
が、もっと悲惨だつたのは刺し身定食のほうだった。
刺し身はごく少量、ごはんも小盛り、食べた気がせず、店を出てたこ焼きをたべた。
a0096313_1683223.jpg

by whosanf | 2007-05-24 22:09 | Comments(1)

居場所



居場所1
a0096313_2062465.jpg






居場所2
a0096313_2071149.jpg





私の居場所は、自宅のトイレです。
by whosanf | 2007-05-21 20:08 | つぶやき | Comments(1)

夕方の井野山散歩

昨日に続いて今日も井野山までカル公を連れて散歩。
今の時期、日没はpm7時15分ころとかなり日が長くなつている。
この時間帯だとほかに人がいないので、カル公を放し飼いにできる。
カル公は喜びのあまり狂ったようにそこら中を走り回り全身でうれしさを爆発させる。
その光景を見るのがとても好きなんです。
a0096313_91976.jpg

a0096313_92373.jpg

by whosanf | 2007-05-13 21:46 | 山歩き | Comments(2)

早朝の井野山散歩

朝はけっこうはやく目が覚めてしまう。
どんな時間に寝てもほぼ同じ時間、5時半ころにはプチッとスイッチが入った
ような感じの目覚めとなり。
それから先はどんなにしても眠れない。 
そのことは別に自慢でも不満でもないのだけれど、その後の一日はず〜っと
寝不足感がつづくのでたちが悪い、そんな状況がここ数年続いている。
歳のせいといえばそのとうりだろう、眠り続けるのにも体力がいるらしい。
(ご同輩いかがでしょうか?)
でこの日は早朝の井野山へ行くことに。 
そこには沢山の人たちが(ほとんど僕より年長者)ある人はひとりでもくもくと歩き
また別の人は数人のグループで楽しそうに歩いています。

a0096313_1139145.jpg

a0096313_12282928.jpg

by whosanf | 2007-05-12 12:38 | 山歩き | Comments(0)

ひさびさの山小屋

久しぶりに訪れた山小屋は、小屋の中に昆虫の死骸や枯れ葉があちこちに散乱しておりました。
おまけにどこから入り込んだのか野鳥が羽をまき散らした状態で昇天。
好き放題に張り巡らされたクモの巣、虫嫌いな人にはオカルトの世界です。

a0096313_17104599.jpg
山小屋のある場所と隣接したところに広大な牧草地があり、愛犬のカル
公を放すといつもうれしそうに駆け回ります。
a0096313_1716174.jpg
a0096313_17205589.jpg
迷犬カル公!
by whosanf | 2007-05-03 21:55 | 山小屋 | Comments(0)
およそ3ヶ月ぶりの訪問。
大分の山間部で生活する人達は、つくしなんぞは食べません。
ほかに旨い山菜が、そこら中にあありますからね。
a0096313_16511427.jpg
a0096313_16513981.jpg
しばらくこない間にパン工房が完成しています。
ハチヤマさんは、毎日ここでパンづくりに勢を出しています。
a0096313_15134630.jpg
イナダ君と昨年12月以来の再開。
彼は大分の狭間町に住み、自然農で育てた野菜を出張して食べさせる料理人で、高僧のような雰囲気のする青年です。   
夜ハチヤマさんと3人で飲んでいるとき(先日の誓いは早々にやぶりました)誰からともなく(俺か)健康管理についての話題となりました。
自称ケガや病気の痛みに対して我慢強い男のハチヤマさんは、健康管理はお灸だそうですが、それは寺床に移り住む前の話で、現在は気合いで病気を寄せ付けないとの事。(くれぐれもご自愛を!)
イナダくんは粗食に自然農、自然食と自己管理の徹底。(僕の知るかぎりでは酒を飲むときは相当量飲みます)
そして僕は時々の水泳と犬の散歩。(だが酒のためトントンかマイナスか)などと・・・それにしても、旨いパンと野菜スープ、気持ちよく夜はふけてゆきました。
by whosanf | 2007-05-02 22:54 | Comments(0)


夕方、友人のハチヤマさんを訪ねるので滝撮影のついでに阿蘇の一宮へ馬刺を

買いにでかけた。

馬刺は、すこし堅めの赤身が一番ウマイ。

帰り道、久住高原が緑色にふさふさと輝いていた。



a0096313_16405142.jpg

by whosanf | 2007-05-02 22:10 | Comments(0)

5月の連休と九州の滝

今から6年前、5月の連休があけたこの時期に九州にある滝の撮影を始めた。

福岡県内の滝から開始。佐賀、長崎、熊本、大分と5県に点在する滝を

ひととおり撮り終えるまでに、(一度の撮影に最高4泊五日の日程)2年ほどの期間がかかった。

宮崎、鹿児島を撮り残し、少し飽きてしまい中断している。

また少し気分が盛り返してきたので、ぼちぼち暇なときに出掛けようかと思っている。

a0096313_15524542.jpg


この場所は滝では無いが、前回撮り落としていた由布川渓谷。

a0096313_1559678.jpg


大分の竹田にある落ち門の滝。                              

「変なと所から水がおちてるな〜」と思い、

よく見たら木の枝にあるホースから水が落ちていた。

a0096313_1613580.jpg


これも大分にある黄牛の滝(めうしの滝と言う)。

この滝を撮影中に、三脚の部品を滝壺に落としてしまった。

人の気配が無かったので、パンツ一丁になり首まで水につかって探したが

見つからない。

あきらめて、ズボンに手を伸ばしたところで岩陰から突然出てきたおばちゃん。

「ギャッ」と短い悲鳴を発し目の玉をひんむいて固まってしまった。

滝を見に来て、変態に出会ってしまったわけだ。

こちらも相当びっくりした。

「すまないことをした。」と思いながら帰り道、数組の若いカップルとすれ違った。                 

「おばちゃんでよかった!」

メウシノタキの思い出。
by whosanf | 2007-05-01 22:37 | Comments(0)