酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

50才の鍛錬登山

集合場所では、張り切り顔の先生が生徒に向かって、本日の登山は鍛錬を目的に〜と力をこめて話している。
酒は抜けたはずだ、そう自分に言い聞かせ一歩ふみだす。
なんとか足は動く、しかし相手は最強の宝満山、標高こそ830メートルと大した高さでは無いが、普通の石段なら3段分はあるであろう段差,その自然石で出来た石段が2.4キロの間、ほとんど直登に近い状態で延々とつづく。
健脚の者が昔から鍛錬としてこの山で足腰を鍛えていたと言うが、トホホでよヨタヨタのこの体、
最初のころは高校生や他の登山者の視線を気にしてカラ元気でなんとか歩を進めていたが、もうだめだ〜と限界を感じた場所がまだ五合目。
心臓はバクバクんうなりだしもう足も上がらない、(だれかおぶってくれ〜ヘリコプタ
でもいいぞ〜)翌日の新聞の端っこにに自分記事が載るのか〜、
なんてことが頭の片隅をよぎる。
写真を撮るフリりをして、立ったまましばらく呼吸をととのえる。
あえぐようにトボトボと、たちどまってはゼイゼイと。
そんな状況の中、さっきから僕の足取りと前後しながらよたよたと歩いている若い男に気づく。む〜奴もどんな事情かは知らないが、見たところ僕と同じような境遇だろう。
そう勝手に決めつけ、こころの中で相手に向かってでつぶやいてみた。(ガンバレ)
意識もモウロウとしてきたころに山頂の神社の鈴の音が、登山開始から2時間が経っていた。・・タッ・・たすかったと思うと同時に宝満山へのリベンジと禁酒を誓う。
a0096313_19265321.jpg

by whosanf | 2007-04-30 19:49 | 山歩き | Comments(0)

50にして、この様

友人の松田さんの家へ、毎回とても楽しみにしている飲み会に出掛けた。
松田さんはブラジルへ年に1、2度出掛けるほどのブラジル通で、飲み会に来るメンバーも、日系ブラジル人が多くその仲間のつながりで海外からの留学生も数名いる。
この季節は屋上ガーデンで松田さんの手料理や、焼き肉をごちそうになる。
その手料理はプロ並みに旨いものばかりで和、洋、中、すべてそろっていて毎回飲み過ぎてしまう(今回は、翌日に仕事先の高校で研修登山があり、同行取材をする予定になっていたるので酒量ひかえめを心がけての参加したはず。)
しかし、僕に取って運悪く、この日の空は、どこまでも青く爽快にスミわたり、ポカポカと気持ちのよいゼッコウノ深酒日和としての条件がそろっていた。
AM12時飲み会開始。まづはビールで乾杯です、このblgのためにケータイでしゃしんを撮り始めます。PM3時別グループ合流であらたに盛り上がる。そこからハシケンの様なゲーム始まり、負けると一気飲み、それに自分が参加したのかも分からない状態でなにかの拍子に爆笑〜・・・・・ここで僕の記憶はプッと途切れてしまい、気づいた時は29日のAM2時30分ぼんやりと松田さんの和室の天井が見えていた。
トイレに何度か往復してよろよろと外に出たのが5時半、駅まで徒歩15分、電車で35分、さらにバスで家まで15分、ところが、祭日のためバスがない、かみさんからは携帯に数回着信履歴が、無断無届け外泊・・・恐ろしい、しかたなく家まで這うようにして徒歩で3キロ、帰り着くとかみさんの物言わぬ冷たい視線が、でもこの日は高校生の研修登山が〜〜〜^^集合9時30分になんとかセ〜フ。しかし、ここからが、今までに経験したことの無いような地獄のはじまりだった。
(後で携帯の画像をカクニンしたらなんと34枚も17時40分31秒この時間に終わっていた。)
a0096313_13463514.jpg
a0096313_13464895.jpg
a0096313_1346598.jpg
a0096313_13471181.jpg

by whosanf | 2007-04-28 17:55 | Comments(0)

おぼろな朝

4月の下旬にしては肌寒い朝。
ぼや〜っとかすんだ空に鈍く日が差し、水面に映り込んだひかりは月夜のように優しくゆれていた。
a0096313_11135841.jpg

by whosanf | 2007-04-27 11:14 | | Comments(0)

めぐみの雨

ザンバ・ザンバと事務所にいるときに雨が降り出すとものすごい音がする。あわてて外を見ると大した雨ではない。
事務所の天井には内張りがなく、屋根材はトタンがはってあるので少々の雨量でも、ものすごい音がして、始めて来た人は雨が降りだすと皆おどろく。
2.3日前の新聞では、ことしは深刻な水不足になる!と言う記事が出ていたので
今日の雨は大変ありがたい。
a0096313_12252569.jpg

by whosanf | 2007-04-22 12:38 | Comments(2)

桜・・・その後  

1
a0096313_19472546.jpg
2 葉桜この姿も好きだ!
a0096313_19491886.jpg

by whosanf | 2007-04-14 19:51 | Comments(0)

茜空

事務所の近くに空港がある。
夕方、この時刻は数分刻みで飛行機の離発着が見える。
a0096313_19124645.jpg

6時43分日の入り。
by whosanf | 2007-04-09 19:14 | | Comments(0)

ホネ

夕方の空を見上げたらこんな雲が。
a0096313_1820189.jpg

by whosanf | 2007-04-05 22:18 | Comments(0)

サクラの締めは桜島!

取材で鹿児島に行った。
昨日までの暖かい天気も一変し、鹿児島にしては震える程寒い。
かみさんの実家が鹿児島にあり1年ぶりに顔を出す。
かみさんのおふくろさんが、「あんたがこの寒気バツレテキタネ!」と
とても早い鹿児島弁で、ニカッと笑って言った。
a0096313_1745830.jpg

by whosanf | 2007-04-05 17:02 | Comments(0)

朝の散歩道

毎朝の散歩で、御手洗池(オチョーズイケと読みます)にゆく。
ここから、昨日登った井野山が見える。
a0096313_1733213.jpg
a0096313_17352961.jpg
本日、桜が満開。
by whosanf | 2007-04-02 17:47 | Comments(0)

井野山

月に2,3度、家から歩いて片道40分ほどのこの山に犬をつれて登る。
標高236,4メートルの低い山だが福岡市内が一望できる
見晴らしの良いやまだ。
この日はあいにく黄砂ののえいきょうで視界が霞んでいた。
a0096313_17281063.jpg

by whosanf | 2007-04-01 18:40 | 山歩き | Comments(0)