カテゴリ:原発廃止( 41 )

九州 脱原発 人間の鎖No.15いのうえしんぢさん 。





彼の多彩な行動力は

福岡の市民運動のイメージを一新した。


イラストレーター

いのうえしんぢさん。


by whosanf | 2015-07-24 10:00 | 原発廃止

ストップ!川内原発再稼働311kmリレーデモ

平成27年5月27日。

川内原発の再稼働に反対し、鹿児島市からリレーでデモ行進を

続けてきた市民グループが27日午後2時、賛同者約200に迎えられ

福岡市にある九電本店に到着した。



a0096313_10131021.jpg




5月16日鹿児島市内市内を出発し、3.11にちなんで311キロの距離を

九州南岸の9カ所の自治体を巡り川内原発再稼働反対を訴えながら

11日間をかけてリレー形式で歩いて北上した。



a0096313_10131848.jpg




主催した市民団体「ストップ再稼働!3・11鹿児島集会実行委員会」

の向原祥隆事務局長は、「九電は一度も住民の前に出てきていない。

公開説明会を開くべきだ」と訴えた。

その後九州各県の反原発団体のメンバーも次々とマイクを握り、

原発再稼働反対の意志を熱く訴えた。

a0096313_10132669.jpg




a0096313_10133421.jpg




a0096313_10134381.jpg




a0096313_1013511.jpg




a0096313_10135928.jpg




九電が設定した入場制限に従い 100人が入場。

入場時、プラカードの持ち込みを巡り入場者と押し問答があり、

「抗議に来ているんだ!」と、反発する一人の入場者を巡り

九電側が聞き入れなければ警察を呼ぶと繰り返し対立するが、

仲間の説得を受けプラカードを場外においてしぶしぶ入場する場面があった。


川内原発再稼働の反対を求める113,400人分の署名を提出。

応対した広報担当者から、

4月に提出していた公開質問状に対する回答を口頭で受けた。

質問は  1,地震問題   2,火山問題   3、過酷事故対策   

4,使用済み核燃料について5,避難計画について 
  
6,九州電力の責任問題についてなど詳細に及び、

4時間を過ぎてもやりとりはほとんどかみ合わなかった。



 午後7時すぎ、広報担当者が「予定の時間を2時間以上過ぎている」

として議論を打ち切ろうとすると、前回と同じ対応に参加者らの不満が爆発し、

もみ合いとなる。

110番で駆けつけた警察官約20人が、仲裁する騒ぎになった。


a0096313_1014798.jpg




a0096313_10141455.jpg



 
向原事務局長は、質問状への納得のいく回答を求め、

再稼働前にあらためて話し合いの場を設けるよう、28日に九電に申し入れる。
by whosanf | 2015-05-28 11:26 | 原発廃止

九州脱原発人間の鎖No13小原伸、No14青木雅子。

大分の豊後大野市千歳町で無農薬の野菜を作り続ける友人の

反原発行動を、映像作家のTさんが3年の歳月の後完成させた。

私も取材に同行し、採れたてのほうれん草をその場でいただいた。

丹精こめて育てられた土の中、他の雑草と競うようにたくましい姿が

あった。

小原さんの話に引き込まれ、「土さえ食えるのでは?」、と思った。


a0096313_18144951.jpg




a0096313_18151349.jpg




a0096313_18152848.jpg




by whosanf | 2015-04-03 18:26 | 原発廃止

川内原発再稼働住民説明会要請。

平成27年3月2日午後1時。


九電本店へ川内原発再稼働を前に住民に対して説明会を開くよう求め、全国から600人が

集まった。



a0096313_18334387.jpg



要請の内容は次の3点。

一、川内原発の再稼働の前に、最低限30キロ圏内9自治体で住民説明会を開催すること。

二、川内原発の再稼働について最低限30キロ圏内の9自治体全ての正式な議会に決議を得ること。

三、説明会を求める住民に対しては、30キロ圏内外にかかわらず説明会を開催すること。

この要求を最低重役以上の役員に対して求めるとした。

a0096313_18335568.jpg



全国から集まった署名は10万1000枚。



a0096313_1834530.jpg




a0096313_18341740.jpg




a0096313_18342639.jpg



要請団:ストップ再稼働!3・11鹿児島集会実行委員会、九州各地実行委員会、

東京、大阪、山口、四国などの参加者約100人が入場。

a0096313_18343516.jpg




a0096313_18344886.jpg



残った500名は九電のまわりを 


    「川内原発再稼働反対!。」

   「九電は社長が出て来て対応しろ!。」

などシュプレヒコールをあげデモ行進。


a0096313_1834587.jpg




a0096313_1835937.jpg




a0096313_18352076.jpg



大分から駆けつけた友人の菊之助氏。

大分県の豊後大野市というところからやってきました。

20年間、無農薬で農業を営んでおります。

このホウレン草は、昨日、うちの畑から取ってきました。

去年の10月に種を蒔いたので、5ヶ月間かかって育ちました。


20年間、無農薬でやっておりますので、

土に力があります。

種を蒔いてから、5ヶ月間、肥料もやっていません。

なにもやらなくても、立派に育ってくれました。

20年間、大切に大切に守ってきたこの土を、

放射能は一瞬のうちに駄目にしてしまいます。

放射能を生み出す原発は要りません。

再稼動には絶対に反対です!と、力強く訴えた。

この部分の発言は、「菊之助畑日記」より転載。



a0096313_18353213.jpg




その頃会場内は九電の広報部の年若い6人の担当者を前に

最低でも重役以上の対応を求め押し問答が続いていた。


a0096313_1836832.jpg



場内の様子について報告を受ける。

a0096313_18355659.jpg



この日の気温は12度。

九電本社前は午後から日陰になり、渡辺通りからの海風をうけシンシンと冷え込んだ。

「くまさん」と、紹介された仙人のような風貌のおじさんがウイリーネルソンの

様な美声を張り上げ寒さを和らげる。



a0096313_18354423.jpg




14時から19時までは途中の2回の休憩時間以外は絶え間のない要請交渉が行われた。


同じような発言が5時間続いて、

「九電はどのようなプロセスで広報のみしか出席しない事を決定しているのか、

瓜生道明社長か副社長は自分たちが直接署名をうけとってもらいたいとの

依頼されているのを知っているのか」

との質問が繰り返されましたが、九電広報は社内の決定プロセスは開示できないし、

瓜生道明社長か副社長は自分たちが直接署名をうけとってもらいたいとの

依頼されているのを知っているのかについても返答できないの一点張りだった。


a0096313_18362595.jpg



遠方から来られている方は、なにもしないで変えると無駄足になるので、

別途の要請行動を行う事になった。

(原発ゼロを目指す鹿児島県民の会)は「川内原発再稼働をしないでください。」

と、1万951人分の別の署名を提出し、要請文を読み上げた。

午後7時。

「約束の時間は午後4時でした。」

「3時間も延長し、耳を傾けた。」

「閉館の時間だから、話をこれで打ち切ります。」と告げ、一方的に九電側は退場。

場内はあっけにとられ、その瞬間静まり返った。



a0096313_18361615.jpg




a0096313_18363357.jpg




a0096313_18364244.jpg




九電はどうしても、社長、副社長ともが直接署名をうけとることは無いという事で、

10万通の署名は取りあえずは提出しない事になった。



a0096313_18365130.jpg




a0096313_1837064.jpg



「川内原発は、絶対に再稼働させないぞ〜。」

[われわれは絶対にあきらめないぞ〜。」と、声を張り上げ悔しさをむねに会場を後にした。


a0096313_1837994.jpg

by whosanf | 2015-03-03 19:32 | 原発廃止

原発のある街。

9月29日薩摩川内市。

薩摩川内市の人口は約10万人。

バブル崩壊前からシャッター街が増え、

2011年以降、原発作業員で賑わっていた旅館や民宿も、

今は閑古鳥が鳴く。

数軒の旅館・民宿が廃業に追い込まれた。

a0096313_1750483.jpg


a0096313_17572737.jpg


a0096313_17573811.jpg


a0096313_16174257.jpg


再稼働推進派は、

原発に反対しているのは外から来た市民グループだと主張。

一方の反原発派は、地元経済が原発に依存しているため、

住民が本音を口にできないと訴える。

a0096313_17582100.jpg


a0096313_17581412.jpg


a0096313_17582518.jpg


原発反対の主張が、家族や友人との関係に溝を作ることもある。

「商売とか家族とか関連していると、

大きく反対できないという人が多いだろう。」

だが、原発事故の被害は周辺地域だけの問題では無く、

日本全土に関わる問題であり

原発で発生した重大事故は、人類がコントロールする事が出来る

レベルを遥かに超えている。

薩摩川内が、「原発再稼働した最初の街」ではなく、

「最初に脱原発宣言をした街」になってほしいと願う。
by whosanf | 2014-10-22 16:35 | 原発廃止

脱原発デモ鹿児島

9月27日夕方、私は川内原発の正門の前にいた。

翌日、「鹿児島市内で反原発のデモが行われる」が守衛は門前に二人だけ。

厳重な監視のもと正門までは近づけないだろうと思っていたが、少し気が抜けた。

30分程の間、正門からはバスやタクシー、自家用車が何台も出入りを繰り返し

慌ただしい雰囲気であった。

a0096313_17304085.jpg



鹿児島一の繁華街がある天文館公園へは、全国から7、500人が集まった。

a0096313_16361297.jpg


a0096313_16363863.jpg


a0096313_16365263.jpg


a0096313_1637689.jpg


a0096313_1637214.jpg


a0096313_16373720.jpg


a0096313_16375240.jpg


a0096313_1638105.jpg


a0096313_16382694.jpg


a0096313_16384190.jpg


a0096313_16385785.jpg


a0096313_17335542.jpg


デモ参加者に対し右翼団体の街宣車から汚い罵声があびせかけられ、市内は

騒然となった。

デモ隊と街宣車の間で盾となる、大勢の機動隊。

a0096313_16391413.jpg


a0096313_16393310.jpg


a0096313_16395263.jpg


大分市内から友人の菊之助氏が片道5時間をかけて軽トラで駆けつけた。

a0096313_1640942.jpg

by whosanf | 2014-10-08 16:48 | 原発廃止

13.11.10 「さよなら原発!」九州沖縄集会

大分県豊後大野市千歳町。

農村の原風景のような環境で暮らし、無農薬で米、野菜作りをする友人の菊之助さん

、まこさんが集会に参加するために駆けつけた。

a0096313_16442214.jpg


九電本社ビルの近くに車を止め、歩いて舞鶴公園を目指した。

a0096313_16444823.jpg


オープニングのライブが始った。

沖縄から参加のラップミュージシャン「カクマクシャカ」  インドの坊さん? では ない!。

日頃ラップを聴く事はほとんど無い。

独特のリズムにのせて繰り返すメッセージはどこかお経にも似ている。

いつの間にか聞き入る言葉。              私の心を熱くしていた。


a0096313_1645840.jpg



a0096313_16453075.jpg


一万人を超える人々が会場を埋め尽くした。

a0096313_16455047.jpg


吉岡斉・九大教授は穏やかな表情で指摘した。

[何十兆円もの損害が発生し収束に100年かかる事故がいつ起こるかわからないのが原発です。!」

a0096313_14401673.jpg


元宇宙飛行士の 秋山豊寛氏ほ、福島第一原発から32キロの地域に居を構え農業をして

暮らしていたがわずか2キロのさで避難区域外とされ自主避難を余儀なくされた。

京都に移住したが、生活を根こそぎ奪われた自らの体験から

「事故が起きればその地域の人たちは政府から捨てられる。」と、怒りを込めて訴えた。

a0096313_14474914.jpg


いよいよデモ出発だ。

コースは、A,B,Cの3つのコースに別れそれぞれのコースを歩く。

Aコースの先頭には「311DAYS行動する会」より参加の広瀬隆氏、秋山豊寛氏、中蔦哲演氏、矢部忠夫氏、

の四人が横断幕をかかげて並んだ。

a0096313_1646798.jpg


昭和通りを行進する。

a0096313_16502620.jpg


それぞれの思いをプラカードに込めて。

a0096313_16474837.jpg


a0096313_1648445.jpg


地鳴りのようなシュプレヒコールが、ビルの谷間にひびき渡る。

a0096313_16481713.jpg


パレードが終わり、天神地下街を歩いた。

a0096313_16482725.jpg

by whosanf | 2013-11-13 18:57 | 原発廃止

緑の党(木村ゆういち)参議院選出陣。

今回の参議院議員選挙で私は、緑の党から比例区で立候補した木村ゆういち氏を応援します。

以下の文章は「 緑の党 グリーンズジャパン」 参議院議員公認候補「木村ゆういち」氏ホームページより抜粋。
a0096313_15113693.jpg


福島原発事故の放射能汚染により、福島から九州へ移住しました。

新しい土地でまた一からやり直さなければいけない、

経済的、精神的にも言いつくせないほど辛く悲しい2年あまりでした。
a0096313_1512710.jpg

放射能は街を壊し、経済を破壊し土地も汚染し暮らす人々へ健康被害を与え続け、

一次産業を壊滅へと向かわせました。
a0096313_15122614.jpg

そして近隣県まで放射能汚染は影響を与え、事故から何十年も苦しむ実害となりました。
a0096313_15124334.jpg

そこで暮らしていた人々の生活も人生も狂わせています。

一つの産業の事故でここまで環境を破壊するものが他にあるでしょうか?
a0096313_1513992.jpg


国も東京電力も原発事故被災者への積極的な対応をしておらず、
あまりにも理不尽な行為に怒りを覚えます。
a0096313_1513382.jpg


子どもは被曝させられ、まともな検診も補償も受ける事が出来ずにいます。
a0096313_1514660.jpg

原発がなければ私たち原発事故被災者の人生はこうはなりませんでした。
a0096313_15142791.jpg

私たちは、この苛酷事故の経験を活かし未来に残す道筋を1日も早く明らかにする必要があります。

一、原発再稼動より、まずは福島原発事故被害者の救済を。

一、「原発事故子ども・被災者支援法」の具体的施策の速やかな実行を。

一、全国の原子力発電所を廃炉とし、自然エネルギーへの転換を。

一、食の安全確保のために地域経済優先の地産地消を。

以上を木村ゆういちは提案します。

a0096313_1515159.jpg


a0096313_15152682.jpg


a0096313_15153645.jpg

        出陣式の臨場感あふれる様子はこちら「菊之助畑日記」をご覧下さい。
by whosanf | 2013-07-05 15:25 | 原発廃止

原発やめようぇ〜おかあちゃんパレード。





田植えの途中だったが、友人が大分市内で毎月行われる反原発の

パレードに参加すると言うので同行した。




a0096313_1823157.jpg





ポパイのテーマ曲に合わせ「やめようえーげんぱつ、子どもをまもれー、おーー」

        ほのぼのとした行進だった。

「仲間を思うと田植えどころではない!」と言ったっことばが理解出来た。

12回目となるこの日のパレードが回を重ね、大河と交わる日が来る事を願う。



a0096313_183887.jpg

by whosanf | 2013-06-24 18:03 | 原発廃止

『北九州市放射能瓦礫受入問題~テレビが無視した市民の声~』

「九州脱原発、人間の鎖」このシリーズを映像で発信し続けている

フリーの映像制作ディレクターTさんから新しい画像が届いた。

タイトルは、

『北九州市放射能瓦礫受入問題~テレビが無視した市民の声~』

瓦礫の受け入れに反対する市民に対し、北九州市長を頂点とする行政が
接する態度。

その事を取材しながらも報道しないメディアに対し、怒りが込み上げてきます。

この動画に出てくる「何も語らないレンズの群れ」

市民の声は無視され続けるのだろうか。

これだけの出来事が、ニュースの片隅でさえも放映されルコトは無い。

放映されたのは、事実をねじ曲げられた特番だった、

「反対する市民は狂信的」。

特番はそういう風に編集されていた。

「事実はどうか!」

「テレビが無視した市民の声〜」をみてほしい。


by whosanf | 2012-10-18 18:44 | 原発廃止