酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

カテゴリ:環境問題( 52 )

竹炭つくり。

「今日も雨ですね〜。」そんな声が挨拶代わりに交わされ、
二丈町の竹林でと竹炭を焼くための、竹の伐採作業を行った。

雨天での作業が続くので、合羽姿も様になってきた
日本熊森協会福岡支部の皆さん。

a0096313_13125623.jpg

孟宗竹を窯のサイズに合わせて、150センチの長さにして切り出す作業。
a0096313_13211146.jpg

経験者はほんの数人。
ほとんどの人が慣れない作業。
思った以上に竹は重い。枝払いも大変だ。雨より汗で、合羽の中はびしょ濡れだ!。
a0096313_1332982.jpg

竹炭と同時に「鉄炭だんご」を焼く。
と言うより、こちらの方が本来の目的。
a0096313_13371229.jpg

鉄炭だんごは、鉄粉と竹炭粉に粘度を混ぜ団子状に丸めたものを、窯で焼き
焼き固めて作り、酸性化した土壌に埋めると土壌が活性化する。
レンガのように焼き固めてあるので、その効果が持続する。
a0096313_13473252.jpg

仕事の後のご飯はおいしい!降り続く雨を避け、竹林の脇にあるお堂で一休み。
a0096313_13575031.jpg

一昔前、竹林一体はお墓だった。
今は集めて納骨堂におさめれれている。
その話を地元の会員の方から聞き、皆で手を合わせる。
a0096313_13563516.jpg

竹はそのまま焼くと、窯の中で破裂する。
一本一本先の尖った鉄棒で突き、穴をあける。
a0096313_1424111.jpg

午後4時半作業終了。軽トラック3台分の竹を切り出した。
a0096313_1461646.jpg

by whosanf | 2011-09-20 14:07 | 環境問題 | Comments(2)

皮むき間伐。篠栗町

台風12号による大雨は和歌山県を中心に各地で土石流災害を引き起こし、
大勢の方が犠牲になられました。 心よりお悔やみ申し上げます。

一見、緑に覆われ自然豊かに見える日本各地の山々は行き過ぎた植林で山は荒廃し
大雨による土石流災害を引き起こしやすい状況になっている。

台風12号の余波を受けしとしとと小雨の降り続く中、昨年に引き続き篠栗町で
熊森協会福岡支部の皆さん(総勢20)で皮むき間伐を行った。
日本熊森協会は豊かな自然の森の復元を目指し、日本各地で皮むきによる
間伐を実践する自然保護団体です。
a0096313_16292088.jpg

前回に引き、続き地元で造園業を営む村島さんの持ち山を提供していただいた。
a0096313_16304178.jpg

植林から40年、ゆるやかな傾斜地に同時期に植えた木と思えない程に成長に
ばらつきのあるヒノキが点在している。
a0096313_16354827.jpg

小雨が幸いしたのか、それほど暑さは感じない。
a0096313_16395847.jpg

皮むき間伐初体験のメンバーも要領が解ってくると、夢中で作業に没頭
している。
はぎ取ったヒノキ地肌から、なんとも言えない、よい香りが漂う。
a0096313_1641582.jpg

作業道路は、雨でどろどろにぬかるんでいる。
a0096313_16463196.jpg
a0096313_164938.jpg

皮むきから1年ほどで木は程よく水分が抜け、天然乾燥した良質の木材に
なるが、そのような利用はまだ一般的ではない。
a0096313_1655124.jpg

およそ1ヘクタールの面積に点在するヒノキ130本の間伐を、4時間で
終了。
 皆、よれよれでドロドロですが、達成感でいい顔しています。
by whosanf | 2011-09-05 17:03 | 環境問題 | Comments(2)

天然のお茶畑。

カラリと晴れ渡った青空のもと、熊森福岡支部の南里さんを含む仲間5人で福岡県
と大分県の県境にある東峰村を中心に、皮むき間伐のための候補地を探し、地元で
林業に関わる人のもとを訪ねた。

道中、訪問先の人物について南里さんからあれやこれやと説明を受けるがどの人も
ハンドルを握ったままで聞く話としては、頭が混乱する程内容が濃い。

東峰村から先は車一台がやっと通れる程の曲がりくねった道が続く。
民陶の里、小鹿田焼きの窯元のある集落を過ぎたあたりで、道路沿いに川の水を
せき止めたプールが視界に入った。
a0096313_14514539.jpg

水しぶきを上げてはしゃぐ子供達の歓声は、山の谷間にひびきわたり
懐かしい光景にしばらく見とれる。

プールから少し走り、「ここですよ」、と言う南里さんの声に車を降りると、
道路と平行して流れる渓流越しに杉山を切り倒した山の斜面が見えた。
a0096313_1532519.jpg

急な斜面に点々と見える低木の茂みが、それぞれに種類の異なる、お茶の樹だそうだ。

一般に目にするお茶畑とは様子が異なり、言われなければ全然気づく事もないだろう。
a0096313_1552942.jpg

来た道を引き返し、このお茶畑の発見者、吉田忠司さんを訪ねる。
a0096313_15124451.jpg

吉田さんは福岡で会社員として過ごしていたが、10年前に郷里のこの地、
日田市大肥本町に帰り、実家の裏山に有った杉林をこつこつと開墾し
お茶の樹をはじめ、桃、桜、百合の樹,………など数十種に及ぶ樹を植え、美しい
里山づくりを目指しているそうだ。

この辺りでは棚田の石垣に茶の種をまき、石垣の崩壊を防いだそうで、その副産物として
お茶を作っていたそうで、何事にも凝り性である吉田さんは、自分の足でお茶に関する
情報を全国から集め、美味しい釜炒り茶を無農薬で作っている。

話の合間に数種のお茶を吉田さん自ら手際よく入れ、飲ませていただいた、が、
これまでのお茶の常識がひっくり返るほど、どのお茶もおいしかった。

写真は、和(なごみ)と言う名のついた紅茶。
a0096313_15411222.jpg


広さ5ヘクタールの裏山の山頂からは大肥の町並みが見渡せる。
a0096313_15454421.jpg

吉田さんはこの場所を拠点に「MyTea茶’s倶楽部」を設立し、
茶摘みや釜炒り茶体験をはじめ、年間を通じて楽しいイベントを開催している。
a0096313_15463360.jpg
a0096313_1614733.jpg

「美しい故郷を復元するのが夢です。」
そう話す吉田さんの目は、少年のように輝いている。

このような人との出会いが再び、自然保護への意欲をかき立ててくれる。感謝です!
a0096313_1604035.jpg

by whosanf | 2011-07-25 16:07 | 環境問題 | Comments(2)
水を張った田んぼの向こうに、植林した木を楷閥した山が見える。

ここは内住と呼ばれる地区で、私の住む糟屋郡の宇美町から隣の飯塚市へ向かう峠道の
途中にある、山深い集落だ。

a0096313_14471272.jpg


1ヘクタール程の山の斜面で樹齢40年〜60年程の杉、ヒノキが切り倒され、
一見すると禿げ山状態だが、近づいてみると木がなくなり日当たりが良くなった所
では、植林以前からそこに有った木が無数に勢い良く伸びている。

自然は、自然にまかせておけば復元する。

1年もすれば雑木や雑草が土俵を覆い、20年である程度の林になり、時を経て森へと
復元してゆく。このままの状態で放置しておけば良いのだ。

その事は、熊本でエコ林業を実践し「植えない森」を提唱する平野虎丸さんが26年の年月
をかけ、九州の数カ所で実証している。

a0096313_14534479.jpg


a0096313_1653514.jpg


しかし、残念ながら、すでにヒノキの苗木が植林されている。

a0096313_16535650.jpg


a0096313_16442015.jpg

戦後の復興期、木材の重要はまさに天井知らずに拡大を続け、全国の山林所有者は自分の山
に有った雑木を伐採し一斉に杉やヒノキを植えた。

それから60年程が経った今、そうした樹木は収穫期に入っている。

ところが、建物の多くは主として鉄骨を用い、外国から安い木材が大量に入るようになったため木材の利用は減り、林業従事者の減少や、高齢化の問題をかかえ、間伐などの手間を掛けることもできず、植林された山は荒れている。
そこから切り出された木は搬出するだけでも採算が取れず割に合わない。

それにもかかわらず、伐採した場所に再び植林する。継続しない林業のために、「なぜ?」
と思うが、森林法では伐採した後には、杉、ヒノキ、松、クヌギを植林する様、義務付け、
補助金を出してまで馬鹿な事をやっている。

a0096313_15541877.jpg


日本の政治は、現在も終息の見通しさえ立たない福島原発の人災で、あらゆる環境問題に無関心で、無策である事を露呈した。

これからの日本は、私たち一人一人が考え、行動し、不正を正してゆかなければ人任せでは
変わりようが無い。
by whosanf | 2011-05-26 17:09 | 環境問題 | Comments(2)

自然が教える森づくり。

待望の新書。『「植えない」森づくり~自然が教える新しい林業の姿』
平野虎丸監修、大内正伸著(農文協1,900円+税)
が、出版された。
a0096313_1894717.jpg


2011/4/30、A5版208ページ(モノクロ)
◯序章 森は〝植えて〟できるものなのか?各地で展開する〝植林事業〟/
植えないより、伐られないことで荒廃する森/〝植林ばんざい〟の暴挙――
広葉樹を伐って、広葉樹を植樹する愚/マツ枯れ跡地が緑あふれる森に/
ヨーロッパの自然、日本の自然/自然の強度や歴史もちがう/
禿げ山はあったけれど/今の日本、森の二つの大変化

大変興味深い内容だ。早速に注文しょう。
by whosanf | 2011-05-02 18:11 | 環境問題 | Comments(0)

皮むき間伐。

午前9時にファームパーク伊都国に集合し、糸島市林業研究クラブの
手塚さんの案内で、車で10分程のみかん山の一角にあるヒノキ林へ
日本熊森協会(福岡県支部)の主催する皮むき間伐に出かけた。

(林野庁の行き過ぎた林業政策の失敗で、全国におびいただしい数の間伐放置林が
山の斜面を奥山と呼ばれる山里までも覆い尽くし、水涸れや、土石流災害、
野生動物の生体を脅かす原因となっている。
皮むき間伐は、一般の人や、子供にも出来る安全な間伐でここ数年、全国の
森林保全ボランティアにより実施されている。)
a0096313_15521344.jpg

この日の参加者は、福岡市近郊から総勢22名。
a0096313_161820.jpg

林を案内し、皮むき間伐の指導をしてくれた手塚さんは、ファームパーク
伊都国にある木工体験館で一般の利用者に向け、間伐材を利用した
木工品製作の指導をしている。
a0096313_164482.jpg

a0096313_16452100.jpg

a0096313_165959.jpg

皮むき間伐、ヒノキの木の幹に根元から自分の胸程の高さにのところにノコで
ぐるりと一周切り込みを入れ、そこから鉈や竹べらを使い皮を剥がしてゆく。
この日は初体験の人も多かったが、水を吸い上げた皮はバナナの皮を剥ぐようにして
案外簡単に剥けた。
a0096313_1616559.jpg

a0096313_1620899.jpg

皮を剥いだ後の木はそのまま水分が抜けてゆき、一年過ぎた頃自然乾燥した
良質の木材として利用が出来るが、林業従事社者の不足によりほとんどが
そのまま放置される現状がある。
今から20年前に製材所で丸太を購入し、九重に丸太小屋を建てた経験(山小屋けんせつ記
のある私としては、「実にもったいないと!」皮むき間伐に参加するたびに感じる
が、もはやこれから丸太小屋を建てる体力は残っていないと、痛感している。(苦笑!
a0096313_16161964.jpg

作業の途中、土壌の酸性度をPH測定器で測るが、この場所の土壌の酸性度は
ほぼ正常であった。
熊森協会福岡支部では酸性土壌による樹木の立ち枯れを防ぐため、
炭団子(炭と鉄粉を混ぜ水を加え団子状にしたもの)で酸性土壌を修復させる
取り組みも、皮むき間伐と同時に実施している。
a0096313_1764099.jpg

a0096313_1625553.jpg

約3時間強の作業で350本の間伐を終えた。
a0096313_16273217.jpg

作業をを終え、バナナ畑のようになったヒノキ林をバックに集合写真を一枚。
一仕事終えた爽快感が林の中に広がった。
a0096313_16312116.jpg

皮むき間伐をした木は、その後どのようになるのだろう?
丁度この場所からすぐ近くのところに林業研究クラブのメンバーによって
6年前に皮むき間伐の経過実験した場所があるとの事で、解散後たずねてみた。
a0096313_16381928.jpg

そこは樹齢40年程の杉林で、皮むき間伐を施した木が30本ほど点在していた。
a0096313_16401033.jpg

皮を剥いた木肌の表面にはこけが生え、一見しただけでは皮の剥ぎ痕に気付かない
だろう。
a0096313_16433331.jpg

a0096313_16431091.jpg

近づくと、ノコギリの歯跡から、皮を剥いだ痕跡が見られ、見上げると全ての枝が
抜け落ちていている。
a0096313_16455566.jpg

表面をたたいてみると、カッン!カッン!乾燥した音が聞こえ、立ち枯れしている
様子が分かった。

あたりには数本の木が倒れており、皮むき間伐の経験が2年の私には貴重な
参考となった。
a0096313_17413257.jpg

by whosanf | 2011-04-25 17:19 | 環境問題 | Comments(4)

消え行く森。

晴天で、前日までの寒さが嘘のように暖かかったので
久しぶりに井野山へ犬を連れて登りました。
この山は私の住む糟屋郡の宇美町にあり、標高が236メートルと
低い山ですが、360度のパノラマの風景の中に福岡市内を一望する事が出来る
私のお気に入りの山です。
ふと、見下ろした景色の中、山肌の樹々を伐採した跡が目に留まり、
下りて確認に行きました。
a0096313_1629226.jpg

a0096313_16293724.jpg

場所は福岡空港のすぐ近く、博多の森の一角にある(立花寺)という新興住宅地の裏山
です。
a0096313_1632303.jpg

伐採された斜面に近づいてて見ると切り倒された木は、ほとんどが雑木です。
福岡市近郊からまた一つ、雑木林が消えました。
a0096313_16363760.jpg


つづき
by whosanf | 2010-12-24 17:15 | 環境問題 | Comments(2)
前回訪ねた砂防ダムから直線で20メートル程上がったところでは

新たに林道が造られています。
a0096313_1363653.jpg

その長さはすでに500メートル程続き、さらに岩盤を砕いて先へ進もうとしています。
a0096313_1395078.jpg

道を造るため杉やヒノキが伐採され、明るく、日を浴びるようになったその地面からは

もともとその地に有った自然の樹木が一斉に芽を吹きだし、平野虎丸さんが提唱する

(植えない森)植林の必要がないほど、自然の樹木の復元力が強い事を示しています。
a0096313_13184392.jpg

元々有った獣道の上を重機で押し広げ、林道は作られているのです。

杉やヒノキが植林された山にはただでさえ鹿やイノシシのえさが少ないのです。

人の手によって山から追い出され、行き場を無くし、命がけで人里に下りてきたところを

猟銃で撃たれているのです。
a0096313_1339139.jpg

a0096313_9193491.jpg

by whosanf | 2010-10-31 13:45 | 環境問題 | Comments(0)
福岡市の東に三郡連山と呼ばれ、ふもとの各地で校歌に歌われる
きれいな山脈があります。
a0096313_1648485.jpg

向かって左から若杉山、砥石山、三郡山、宝満山と続き山脈の向こうには
私の故郷、筑豊があります。

わずかに残る田んぼではもうすぐ稲が実りの時期を迎えますが、年々耕作放棄地が
増え続け、宅地や商業施設に姿を変えています。
a0096313_170371.jpg

福岡市内から、今私の住む糟屋郡宇美町を抜け筑豊に向かう県道
は、途中しょうけ越えという峠を越えます。
峠の頂にたどり着くすぐ手前の道路脇に、今年の1月大きな砂防ダムが
できたのが気になっていましたが、2週間ほど前に砂防ダム周辺の杉や
ヒノキが切り倒されているのが目に入り現場に行きました。
a0096313_17102635.jpg


つづき
by whosanf | 2010-10-05 17:39 | 環境問題 | Comments(1)

黒岳自然観察会




くまもり熊本支部の呼びかけで,黒岳自然観察会に参加しました。

熊本から6名、大分1名、そして福岡からは私が参加、計8名

で9時半に男池の駐車場を出発しました。




a0096313_13552048.jpg





樹齢700年を超えるけやきは、男池湧水のすぐ脇にあります。










黒岳は,阿蘇くじゅう国立公園に指定され、九州随一とされる原生林は

ブナ、コナラ、カエデ、ケヤキ、モミ、ツガを主体の形成され、一日に

20,000㎥の水が湧き上がる池男池の水は、銘水として有名です。




a0096313_1405631.jpg





a0096313_14333874.jpg






登山道沿いの自然林を観察しながら、登山口から約1時間でソババッケへ。

ここで小休止。



a0096313_14402783.jpg





多種多様な高山植物に混じって、キノコ類も数多くみられます。




a0096313_14443799.jpg





a0096313_1444429.jpg





a0096313_14484165.jpg





時々出現するブナの巨木。

その存在感には圧倒されると同時に、大きな安堵感に包まれます。

これくらいの大きさのブナになると、約1トンの水を貯える力があるそうで、

その落ち葉は腐りにくく、長年累積したうえでスポンジ状の土壌となり

多量の水分を地下に蓄えます。




a0096313_1535537.jpg





a0096313_1510525.jpg





a0096313_1514434.jpg





a0096313_15104179.jpg





ソババッケを過ぎたあたりから、それまでは、なだらかで歩きやすかった

道は一変し、角ばった石がこけに覆われているので、足場がつるつると滑り

、バランスをとりながら歩かなければなりません。




a0096313_1545094.jpg


ソババッケから約1時間、風穴の近くにある巨石の前で。

巨石の上にはそれぞれ、シャクナゲや、紅葉など、数種類の樹木が根を張

りつけていて、私には巨人の顔のように見えました。




a0096313_15201016.jpg





a0096313_15195644.jpg





a0096313_1519352.jpg





風穴を過ぎると登山道は急な上り坂になり、足下は崩れやすいガレ場で


急激に体力を失いました。

途中から足が上がらなくなり、日頃の運動不足を後悔しましたが、

どうにか這いつくばるようにして上を目指しました。

ようやく斜面はゆるやかになり、いよいよ頂上か?と期待した先には巨石の固まりが

壁のようにそびえ立っていました。

ふたたび気を取り直し、そこへ突撃するように向かいました。

大きな岩の間を上へ下へとよじのぼり、もう!ほんとうに足が う ご か な い!

と、思われた直後に視界が開け、ようやく山頂にたどり着きました。

やった!

360度に広がるパノラマの風景を目にしたとたん、

それまでの疲れは、見上げた青空の中に吸い込まれてゆきました。

向こうに見える山は大船山です。





a0096313_15443478.jpg






a0096313_1545539.jpg





a0096313_15451931.jpg






黒岳の山頂は高塚、天狗岩、前岳など五つの頂で構成されています。

今回上ったのは天狗岩、集合したメンバーの左後ろには高塚の頂が見えています。





a0096313_15453727.jpg





上った道は下らなければならず。

あらためて振り返ると、けっこう急な岩場です。




a0096313_16101498.jpg





a0096313_16105142.jpg
]




急坂を無事に下り終え、安堵の表情がうかがえる、帰り道。

残り3分の2の道程です。




a0096313_1755231.jpg





a0096313_16194837.jpg





ソババッケの近くまで下った時雨が降り始めました。

最初は木の葉に覆われた登山道に、雨の粒は少しづつしか落ちてきませんでしたが、

雨音が大きくなるにつれ、ひとつぶひとつぶが大きな固まりとなって降り注ぎ

はじめました。

黒岳は、屋久島と同じように一年に366日雨が降るといわれるほど雨の多いところです。

自然の森は、地下には水を貯え、空からは雨をもたらしてくれるのです。

夢つり大橋の経済的な成功に気を良くした九重町は、黒岳までの観光道路の

拡張を進め、その距離は男池まで約5キロのところまで来ています。

そして九州林産による(偽装の森)作りは、黒岳の周辺を覆い尽くしています。

この事は後日詳しく報告しますが、今から18年前に黒岳の自然に感動し、

近くに丸太小屋を建てた私としては、自然保護運動に関わらずに居られなかった。

大きな理由の一つです。




a0096313_16273391.jpg





a0096313_1713554.jpg





a0096313_16392966.jpg




a0096313_16403019.jpg








a0096313_14333874.jpg

by whosanf | 2010-09-21 15:53 | 環境問題 | Comments(2)