酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

カテゴリ:環境問題( 51 )

11月3日星野村。

村の全景が見渡せる段々畑があり、そこにいたおじいさんに

許可を得て撮影をしていると、おじいさんは「室山神社を

知っているか?」と聞いて来た。

a0096313_15273687.jpg


「知りません」と答えると、山頂に巨石(船着岩)

のある山の方角を指差し

あの大きな岩のある山の中腹に神社が有り、

神社のまわりには巨石が点在し、

神秘的な所だから行ってみたら、と言ってきたので、

そこへ向かった。

a0096313_152847.jpg


山道を車で10分程走ると駐車場に着いた。

そこにはおじいさんが描いたと、言っていた看板があった。

a0096313_15282080.jpg


樹々が生い茂った薄暗い道の先に長い石段があり、

その石段をのぼると巨石がそびえ立っていた。

a0096313_15325026.jpg


神社の山門の脇には大きな杉の木があり、後で調べてみると、

幹廻りが6,9メートルで推定樹齢500年とあり、

福岡県指定の天然記念物に指定されていた。

a0096313_15423230.jpg


神社の廻りには巨石が林立し、神秘的な空間にしばし圧倒された。

a0096313_15444037.jpg


a0096313_15445099.jpg


a0096313_1545069.jpg


駐車場へ引き返す途中に船着岩と矢印があり、その方向へ向かう。

a0096313_15493563.jpg


途中にもいくつもの巨岩があり、20分程歩くと船着岩の裏側に出た。

こぶし程の小さな石仏が、天をにらむように鎮座する姿があった。

a0096313_1552516.jpg


a0096313_1553233.jpg

by whosanf | 2014-11-18 20:00 | 環境問題 | Comments(0)

九州北部豪雨から2年。


八女市上陽町。

人口3,867人

清流がながれ、ほたると、石橋の町として

美しい景観を保って来た。

a0096313_12475436.jpg


a0096313_12481125.jpg


お茶の産地としても有名だ。

a0096313_12485842.jpg


a0096313_12482394.jpg


2012年7月にこの地を襲った豪雨は河川を氾濫させ

数カ所で山が崩落し、集落は一時孤立した。

a0096313_12483618.jpg


a0096313_12484712.jpg


崩壊した山のほとんどは山頂までびっしりと杉が植林された

人工林だ。

a0096313_12491282.jpg


a0096313_12493079.jpg


人工林で覆い尽くされた山里が、さらにコンクリートで覆われ

景観さえも破壊されて行く姿は、自然災害の度に各地で

増え続けている。

a0096313_1249446.jpg


a0096313_12495774.jpg


a0096313_1250799.jpg


a0096313_12501923.jpg


a0096313_12504067.jpg


a0096313_12504914.jpg


星野村。

a0096313_1251572.jpg


a0096313_12511756.jpg


a0096313_12512997.jpg


熊本市阿蘇郡一の宮。

a0096313_16181519.jpg


a0096313_16182766.jpg


a0096313_16184089.jpg


a0096313_16185452.jpg


a0096313_16191157.jpg

by whosanf | 2014-11-17 20:00 | 環境問題 | Comments(1)

荒瀬ダム撤去。

「10月5日荒瀬ダム」。

球磨川は昔、あゆの漁獲量日本一を誇り、

川沿いには、鮎漁を中心に生計をたてる川漁師が沢山いた。

平成24年4月、

熊本県営荒瀬ダムの撤去工事が始まった。

a0096313_13421342.jpg


a0096313_13432915.jpg




a0096313_13434454.jpg


荒瀬ダム(1955年竣工。)は、水力発電を目的に建設された。

a0096313_13422976.jpg


発電目的としては県内で最も古いダム)に対して

、周辺住民はかねてから、

「ダムによって洪水被害が拡大したのではないか!」と、

不信感を抱いており、

旧坂本村内では撤去への要望が高まっていた。

a0096313_13423962.jpg


2002年に村議会はダム撤去を求める誓願を熊本県に提出し、

撤去問題がクローズアップされた。

a0096313_13425086.jpg


これを受け熊本県では、

2010年から2015年までの5年間で撤去することとしたが、

2008年、潮谷義子前知事に代わって就任した蒲島郁夫知事は、

一転してダム撤去を凍結する方針を明らかにした。

a0096313_13431556.jpg


これに対し、地元市民グループなどから強い反発の声が出された。

紆余曲折はあったものの2008年に、

荒瀬ダム撤去方針撤回が正式に表明されて、

2012年度から撤去を始めることが決まった。

a0096313_13435727.jpg


熊本県は球磨川においては荒瀬ダム撤去を進めているが、

白川においては世界ジオパークに登録された

阿蘇の玄関口に立野ダムを建設予定で、

こんな素晴らしい渓谷を水の下に沈めようとしている。

a0096313_13441013.jpg


しかし、住民への説明会も開催しないために、

阿蘇や熊本市の住民の多くがこの計画について知らない。

a0096313_13493763.jpg


球磨川本流には、3 か所のダムがある。

上流から市房ダム(同 1959 年)、瀬戸石ダム(同1958 年)

荒瀬ダムで(1955 年 完成)、、、

1950 年代後半の数 年間に集中的に建設が進み、

これ. らのダムによって球磨川の環境は大きく変わった。

下のダムは瀬戸石ダム。

20年間の水利権更新を国に申請した電源 開発(Jパワー)

と、水利権更新阻止を 掲げる球磨川漁協や市民団体が

対決姿勢を強め、撤去、存続で揺れている。

a0096313_13495050.jpg


今日本に約3、000基のダムがあり、なんと85,000基の砂防ダムがある。

自然破壊の元凶である、「ダムはいらない。」


by whosanf | 2014-11-03 10:07 | 環境問題 | Comments(0)

ダムはいらない。

「10月4日市房ダム」

球磨川の上流、水上村に市房ダムがある。

a0096313_15225353.jpg


ダム沿いの道を走っていると

上流に堆積した土石を取り除くため

狭い道を巨大なダンプカーが轟音をたてて行き交うので、

カーブを曲がるたびに冷や汗をかいた。

a0096313_1794284.jpg


水は体の血液と同じだ、よどめば死に至る。

何千年も前から生息する魚に川を解放する。

自然を征服する過去と決別して、役立たずのダムを取り壊せ。

アメリカ全土につくられた7万5千基のダム。

それらの多くは、川を変貌させ、魚を絶滅させ、

それにもかかわらず期待される発電・灌漑・洪水防止のいずれにおいても

低い価値しか提供していない。

むしろダムの維持には高い経済的コストもかかっている。

そんな負の面ばかりのダムを「撤去」する選択が、アメリカでは現実になってきた。

だが「ダム撤去」が当たり前に語られるようになるまでには、

「クレイジー」と言われながも川の自由を求め続けてきた人びとの挑戦があった。

彼らのエネルギーにより「爆破」が起こるドキュメンタリー。

映画「ダムネーション」より。


by whosanf | 2014-10-29 15:41 | 環境問題 | Comments(0)

民宿 焼き畑。

「10月3日椎葉村へ向かう。」

西米良から椎葉村へ、この林道を通るのは実に35年ぶり。

当時、道は舗装されておらず、崖にはガードレールも無いような

絶壁の道が続き、まさに命がけで行く秘境の集落だった。

a0096313_16485181.jpg


道は舗装され、危険を感じる場所はほとんど無かった。

a0096313_14575111.jpg


それでも所々に崖崩れの跡があり、信じられないような所に

砂防ダムが造られていた。



a0096313_14595528.jpg


a0096313_1649295.jpg


山間部にぽつんぽつんと集落があり、人間のたくましさを

感じると同時に、自然の壮大さに恐れ入った。

a0096313_17724100.jpg


a0096313_1552878.jpg


椎葉村に着いたら、椎葉クニ子さんを訪ねてみよう。

ふと、途中で思いついた。

a0096313_158138.jpg


「椎葉クニ子さんの民宿はどこですか?」

閉まりかけた観光案内所で訊くと、慌ただしい中を若い女性が

地図まで持ってきて教えてくれた。

上椎葉という場所にあり、さらに40分程かかるという。

時間は16時だったので、まだ大丈夫だろうと、向かったが

途中で道路工事の足止めで、40分待たされた。

所々に民宿焼畑と看板があるが、何度も道に迷い、

人に尋ねながら、やっとたどり着いた時には日が

暮れていた。

a0096313_16505179.jpg


家の中には沢山の宿泊客がいる様で、慌ただしい雰囲気だった。

戸を開けてご主人らしき人の声をかける。

「宿泊ではありませんが、

外観だけでも写真を撮らせてもらえませんか」?

「暗かけど、大丈夫ですか」?

「はい、なんとか」。

a0096313_15211312.jpg


室内から宿泊客のにぎやかな笑い声が、山の彼方にこだましていた。

a0096313_15212573.jpg


撮影が終わり再びご主人を訪ね 「ありがとうございました」。

というと、「ばたばたで、何のおかまいも出来ず申し訳ありません」。と

優しげに答えられた。

「突然お邪魔したのはこちらの方で」。と、恐縮し

「今度は、ゆっくりと泊まりに来ます」。と焼畑を後にした。

その後、ねぐらを探しうろつていると、

杉林の伐採後に空き地があったので、

そこに車を止めて車中泊。

標高900メートルを超える山の中。

手が届きそうな場所で、星が無数に輝いていた。
by whosanf | 2014-10-25 15:28 | 環境問題 | Comments(0)
杷木の災害現場を後に、日田へ向かった。

途中河川の脇に洪水で破壊されたゴルフの練習場が目に入り、立ち寄った。

a0096313_18265898.jpg


張り巡らされたネットを支える鉄塔がグニャリと曲がり、芝土の下がえぐり取られ

洪水のすごさを見せつけている。

a0096313_18272310.jpg


a0096313_1828227.jpg


川沿い生えた木。

樹種は解らなかったが、えぐり取られた土壌にむき出しの根をさらしながら踏ん張り、

立派に耐えていた。

a0096313_18332733.jpg


水没した田んぼの脇で年老いた男性が、田んぼ脇の水路溜まった土砂をスコップで

かきだいていた。

a0096313_18341474.jpg

by whosanf | 2012-07-16 18:35 | 環境問題 | Comments(0)

竹炭窯出し。

10月15日に火入れをした炭窯から竹炭を取り出す。

竹の間に粘度で固めた鉄粉団子を3500個も詰め込んだので
途中で火が4度にも消えてしまい、炭窯の持ち主である波多江さんは
相当苦労のあげく、竹炭を丹念に焼き上げて下さった。

a0096313_1944653.jpg
a0096313_19441750.jpg


参加者15人の期待を胸に閉ざされた窯の入り口を開け,中へ。

a0096313_19443076.jpg


そこは灰に埋もれた宝の山。
a0096313_1947355.jpg


取り出すと、いぶし銀のように輝く竹炭が何本も現れた。

a0096313_19481452.jpg


鉄粉団子も見事に焼き上がり、大成功。

a0096313_11375975.jpg

a0096313_19495047.jpg

a0096313_19501841.jpg


竹炭に関しての詳しい効能はこちらをどうぞサクセスアイ

a0096313_19503180.jpg

a0096313_19504362.jpg


波多江さんに糸島で採れたカキをバケツ2杯分と、奥様お手製の美味しいカレーを
ごちそうになり、罰が当たりそうな豪華な昼食を頂いた。

a0096313_19505477.jpg
a0096313_1951641.jpg

by whosanf | 2011-11-13 19:39 | 環境問題 | Comments(2)

黒岳原生林。

大分県由布市庄内町にある(黒岳原生林)へ、私も所属する森林保護団体
日本熊森協会福岡支部(総勢25人)の皆さんと観察会に出かけた。

後ろにある巨木はけやきの木で、
タコが巻き付くようにして、根っ子におおきな岩を抱いている。

a0096313_13485992.jpg


黒岳地域はブナ、オヒョウ、コミネカエデ、などの樹種を主体に形成され
昭和9年に阿蘇くじゅう国定公園に指定されている。

黒岳原生林の景色に感動し、近くに丸太小屋を建て、通い始めて20年以上になる。
その頃地元の人に聞いたた話では、
ほんの少し前までは真夏でもこたつを出していたそうだ。

この日は気温が18度…‥?    異常気象と一言でかたずけてしまえばそれまでだが、
色付く前に散ってしまった、「茶色いはっぱ」   何かがおかしい!

a0096313_1453171.jpg


大分市内の年間平均降雨量が1650ミリであるのに対して、この地域では年平均
降雨量は3000ミリに達し、一日に約2万トンの水を湧出し、日本名水100選に
も選ばれる湧水の池は「男池」と呼ばれているが、近くに「女池」は見当たらない。

a0096313_14105433.jpg


a0096313_15455730.jpg


近頃の名水ブームや、近くに出来た大吊り橋の影響でここに来る人の数は、
年々増える一方で、不似合いな観光道路がすぐそばまで来ている。

観光や、村おこしを名目に自然破壊の波はすぐそこまで来ている。

a0096313_14271343.jpg


観光客の増加は、林道内の木の根を踏みつけ木を弱らせており、
シャクナゲなど稀少植物の盗掘、倒木を砕き割り、
昆虫採集する悪質な連中もいると言う。

美しい風景の中を流れる清流が悲しみを訴えている様に見えた。

a0096313_14362541.jpg


夕方、小雨の降る中でたき火をおこし、おこわご飯を炊いた。

9人の女性達は台所のプロ。手際よく、鍋、焼き肉の準備をし、皮むき間伐や、
竹炭作りなど雨天での重労働を共にして来た仲間達は、一人一人が長い
自己紹介の後、環境問題、原発問題などを語り合い、ロックミュジシャンの追っかけを
するKさんのギターの調べと酒に酔い、子供のように夜更けまではしゃいだ。

a0096313_15302498.jpg


翌朝は、私が森林保護に目覚めるきっかけとなった「平野虎丸さん」から実践者でしか
語る事の出来ない貴重な話を聞いた。

a0096313_1445409.jpg

by whosanf | 2011-11-08 13:41 | 環境問題 | Comments(8)

竹炭火入れ。

福岡県糸島市二丈町波呂にて。

今日は、先日(9月15日)に切り出した孟宗竹50本を炭窯で焼く日だ。

割ったり、切ったりしながら窯の大きさに合わせて調整する。

a0096313_1231680.jpg


窯は、糸島市の市議会議員で熊森協会の会員でもある波多江さんのものを使わせていただいた。

石積みの上に赤土を塗りこんで作られた窯の中は、中心部で大人一人が立てる程に広い。

a0096313_126683.jpg


竹をつめる前に、煙道口に木の枝を積み、煙の抜け道を確保する。

窯を作ってから10年。今回が58度目になる炭焼きだが、竹炭を焼くのは初めてとの事。

a0096313_12154132.jpg


窯の中に2人が入り、竹を手渡ししながら積み上げてゆく。

a0096313_12184065.jpg


a0096313_12241323.jpg


同時に(鉄粉泥団子)を竹の間にいれてゆき(鉄粉泥団子レンガ)を作る。

a0096313_12235020.jpg


a0096313_12243113.jpg


(鉄粉泥団子)は鉄粉と粘度を混ぜて団子状態にしたもので、酸性土壌を中和し
土壌を復元する。

熊森協会福岡支部では今後、皮むき間伐と平行して(鉄粉泥団子レンガ)を
酸性化した土壌に埋め、回復を助ける活動を行ってゆく。

この日のために会員が炎天下の中、丸2日間かけて400㌔の材料を手でこね上げ
手で丸めて準備した。  その数段ボール50個分。
この作業に私は参加していないが、中腰での作業は、終わった後に腰が立たなくなる程
つらかったそうだ。

a0096313_12364628.jpg


a0096313_12382037.jpg


朝9時過ぎに始めた作業は、およそ3時間かけて12時半に窯を満タンにした。


a0096313_13114297.jpg


この日の参加者は13名。

a0096313_12411081.jpg


波多江さんが準備して下さった、かしわのおにぎりと豚汁を皆で頂いき笑顔がこぼれる。

窯の前にいろりがあり、いつもは炭焼き仲間と炭を焼きながら一杯やるそうだ。

そのために炭を焼くとの事!    その言葉に一同うなずく。

a0096313_1323015.jpg


昼食を終え、窯の前でお神酒をささげ、窯に火を入れた。
火の管理に4、5日かかるとの事。

a0096313_13221512.jpg


a0096313_13233638.jpg


皆で交代で番にあたるつもりだったが、火の番をすべて波多江さんが引き受けてくれる事に
なり、一同後ろ髪を引かれる想いで窯を後にした。

炭出しは、11月12日。             その日が待ちどおしい!

a0096313_13235315.jpg

by whosanf | 2011-10-19 13:42 | 環境問題 | Comments(3)

竹炭つくり。

「今日も雨ですね〜。」そんな声が挨拶代わりに交わされ、
二丈町の竹林でと竹炭を焼くための、竹の伐採作業を行った。

雨天での作業が続くので、合羽姿も様になってきた
日本熊森協会福岡支部の皆さん。

a0096313_13125623.jpg

孟宗竹を窯のサイズに合わせて、150センチの長さにして切り出す作業。
a0096313_13211146.jpg

経験者はほんの数人。
ほとんどの人が慣れない作業。
思った以上に竹は重い。枝払いも大変だ。雨より汗で、合羽の中はびしょ濡れだ!。
a0096313_1332982.jpg

竹炭と同時に「鉄炭だんご」を焼く。
と言うより、こちらの方が本来の目的。
a0096313_13371229.jpg

鉄炭だんごは、鉄粉と竹炭粉に粘度を混ぜ団子状に丸めたものを、窯で焼き
焼き固めて作り、酸性化した土壌に埋めると土壌が活性化する。
レンガのように焼き固めてあるので、その効果が持続する。
a0096313_13473252.jpg

仕事の後のご飯はおいしい!降り続く雨を避け、竹林の脇にあるお堂で一休み。
a0096313_13575031.jpg

一昔前、竹林一体はお墓だった。
今は集めて納骨堂におさめれれている。
その話を地元の会員の方から聞き、皆で手を合わせる。
a0096313_13563516.jpg

竹はそのまま焼くと、窯の中で破裂する。
一本一本先の尖った鉄棒で突き、穴をあける。
a0096313_1424111.jpg

午後4時半作業終了。軽トラック3台分の竹を切り出した。
a0096313_1461646.jpg

by whosanf | 2011-09-20 14:07 | 環境問題 | Comments(2)