酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

カテゴリ:環境問題( 51 )

平成29年7月11日。


杷木町志波集落展望。



a0096313_11311351.jpg

国道368号線志波バス停付近。



a0096313_11311460.jpg



a0096313_11311461.jpg



a0096313_11311568.jpg



a0096313_11311515.jpg


a0096313_11311606.jpg


a0096313_11311807.jpg


a0096313_11311885.jpg


志波「下町集落」



a0096313_11401065.jpg



a0096313_11401133.jpg


a0096313_11401284.jpg


水害前の光景(googleマップより)


a0096313_11401327.png


a0096313_11401612.jpg



志波小学校の裏側を流れる川。



a0096313_11401761.jpg


さらに上流部。



a0096313_11401838.jpg

a0096313_11401970.jpg


a0096313_11402199.jpg


a0096313_11402094.jpg


北川源流付近。「平榎地区」
ここから先は土砂崩れにより車が通れないので川の中を歩いて進む。

この地区の住民は5年前にこの地区を襲った水害の経験を生かし

大雨が洪水が押し寄せる1時間前に同じ地区の高台にある家へ避難し

全員が無事だった。


a0096313_21010794.jpg



a0096313_21010804.jpg


水害前の光景(googleマップより)


a0096313_21010915.png


a0096313_21011280.jpg

水害前、同じ場所の光景。(googleマップより)
a0096313_21011384.png


a0096313_21011750.jpg

水害前、同じ場所の光景(googleマップより)



a0096313_21011815.png



a0096313_21012195.jpg



a0096313_21112809.jpg


a0096313_21124610.jpg

a0096313_21125910.jpg


a0096313_21132900.jpg


a0096313_21135147.jpg




a0096313_21141350.jpg



a0096313_21154327.jpg


a0096313_21161387.jpg


a0096313_21164688.jpg














by whosanf | 2017-07-12 21:21 | 環境問題 | Comments(0)

福岡県朝倉市水害地。


平成29年7月10日。


7月5日、大分からの帰り道で真っ黒に立ち込める雨雲を見た。

その1時間後にこの地へ1時間130ミリという豪雨が襲った。

間一髪で豪雨に巻き込まれずに家に帰り着き、5日が過ぎた。

テレビで連日現場の光景を目にた。

想像以上に見慣れた風景は一変していた。


まさか?と思う程いつもはなだらかな川の流れは降り注いだもの凄い量の

水量で流域の樹々(ほとんどが植林された杉)を巻き込み民家や、橋を

直撃し、破壊した。



朝倉市多比良中学の裏を流れる桂川。


a0096313_22582714.jpg
朝倉市宮野(桂川)
 



a0096313_22590137.jpg

朝倉市宮野万徳寺山門前。



a0096313_22590731.jpg

朝倉市宮野毘沙門堂付近。



a0096313_22591866.jpg



a0096313_22591208.jpg


朝倉市古毛。



a0096313_22594176.jpg


朝倉市山田。


a0096313_22594465.jpg


川幅5メートル程の小川に信じられない程大量の倒木が

濁流の中を暴れるように流れ下った。
a0096313_22594985.jpg

流れが直撃した民家の庭に生えた雑木や庭木が倒れずに残っている場所が

何カ所も有り、雑木が水害に強い事を改めて確認した。
a0096313_22595932.jpg



a0096313_23000449.jpg
a0096313_23001768.jpg












by whosanf | 2017-07-10 23:15 | 環境問題 | Comments(0)

広がる黒雲。



平成29年7月5日午後1時半頃大分からの帰り車で朝倉付近を走行中

真っ黒な雨雲が墨を流したように空一面に広がった。

この1時間後、1時間122ミリの豪雨が降っている事をラジオニュース

が盛んに報じていた。


a0096313_22114341.jpg




a0096313_22113490.jpg

by whosanf | 2017-07-05 22:18 | 環境問題 | Comments(0)

熊本地震 南阿蘇2。

平成28年6月4日。


むき出しの山肌。

谷間にうぐいすの声がこだまして、激しい振動の後に残された静寂は

不気味だった。



a0096313_1059018.jpg





a0096313_10591238.jpg





a0096313_10592991.jpg




東海大学阿蘇農学部校舎周辺にほ多くの学生アパートが点在している。

地震から50日が経ったが授業の再開は7月1日から熊本市内の校舎を

使って行われるためか人影はほとんど見当たらない。




a0096313_10594185.jpg




2階建てのアパートはほとんどが一階部分がつぶれて、二人が犠牲になった。




a0096313_10595310.jpg





a0096313_1101365.jpg





a0096313_1102596.jpg





a0096313_1103771.jpg





a0096313_1105097.jpg





a0096313_111159.jpg





a0096313_1111654.jpg





a0096313_1112763.jpg





a0096313_1114031.jpg





a0096313_1115284.jpg





a0096313_11246.jpg




途中で作業を中断したのか?

飲みかけのペットボトルとまあたらしい軍手がやるせないあきらめの胸中を

語っていた。




a0096313_1121537.jpg





a0096313_1122938.jpg





a0096313_1124325.jpg





a0096313_1125515.jpg





a0096313_113794.jpg





a0096313_1132641.jpg





a0096313_1134479.jpg





a0096313_1135848.jpg





a0096313_1141185.jpg





a0096313_1142331.jpg





a0096313_1143679.jpg





a0096313_1144832.jpg





a0096313_1145958.jpg





a0096313_1151192.jpg





a0096313_1152626.jpg





a0096313_1153734.jpg





a0096313_1154817.jpg





a0096313_116236.jpg





a0096313_1161537.jpg





a0096313_1162713.jpg





a0096313_1164446.jpg





a0096313_1165760.jpg





a0096313_117929.jpg





a0096313_1172167.jpg





a0096313_1173235.jpg





a0096313_117444.jpg





a0096313_1175470.jpg





a0096313_118515.jpg





a0096313_118195.jpg




阿蘇神社。




a0096313_1183279.jpg

by whosanf | 2016-06-10 10:00 | 環境問題 | Comments(1)

熊本地震 南阿蘇。


平成28年6月3日。


益城から南阿蘇へは国道57号線が通行止めなので南阿蘇グリーンロードを

経由して普通なら20分程の場所へ小一時間かかった。

東海大学の近くにある別荘地では多くの家屋が倒壊し、段差50センチを超える

断層が衝撃の強さを現していた。



a0096313_1033556.jpg





a0096313_10341184.jpg





a0096313_10342668.jpg





a0096313_10344225.jpg





日暮れが近づいて来たのでこの日は南阿蘇道の駅で車中泊。

閉店後の駐車場には他に一台の車しか見当たらず、まわりにある

水の張られた田んぼからはカエルの鳴き声がひびき渡っていた。

朝が早かったので八時過ぎには眠りについたが、直後にコンコン

と窓をたたく音に起こされた。

車の外には警察官が二人いて、災害地で泥棒が多く出没しているとの事で

いろいろと職務質問を受けたが、胸に島根県警と書かれていたので

逆にいろいろ聞き返し小一時間話込んだ。

熊本に来た当所は宿泊は車中泊だった事や警官の食事事情など。


余震が続く状況なのでお互い注意しましょうと告げ帰って行った。

その直後に余震で車が揺れた。

震源地の近くで感じる揺れは恐怖が倍増し,当地で生活を

続ける人々の恐怖の一端を感じずにはいられなかった。





a0096313_10562228.jpg

by whosanf | 2016-06-09 12:00 | 環境問題 | Comments(0)

熊本地震災害地へ。


平成28年6月3日。

阿蘇大観峰を経て熊本県益城町へ向かう。

いつも阿蘇山を撮影している阿蘇外輪山にある展望台は

どこも斜面が崩落し立ち入り禁止になっていた。



a0096313_18585990.jpg




翌日内牧からミルクロードが通る外輪山を見上げると

大規模に崩れているのを確認した。



a0096313_1933450.jpg




a0096313_193534.jpg




益城町下小谷集落。

瓦葺きの和風家屋が多く、どの家も瓦が崩れ落ちている。

住民の方々は梅雨l入りを前に不安な日々を過ごしている事を

思い胸が痛む。




a0096313_199468.jpg





益城町寺迫交差点付近。

道路に散乱した瓦礫が撤去され車や歩行者が行き交い、信号待ちで壊れかけた

家屋のすぐ横に渋滞の列が続く。

大きな余震が発生すると再び家屋が道路側に倒れる危険性は大きい、

広範囲に広がる被災家屋を身の危険を顧みず撤去する作業の姿に

頭が下がる。



a0096313_19174014.jpg





a0096313_19175173.jpg





a0096313_191831.jpg





a0096313_19181658.jpg





a0096313_19183028.jpg





a0096313_19184259.jpg





a0096313_19185682.jpg





a0096313_19191418.jpg





a0096313_19192975.jpg
a0096313_19194260.jpg





a0096313_19195746.jpg





a0096313_1920964.jpg





a0096313_19202229.jpg





a0096313_19203623.jpg





a0096313_19205052.jpg





a0096313_19215100.jpg





a0096313_19212297.jpg





a0096313_19213746.jpg





a0096313_19215463.jpg





益城町福田。

田んぼに現れた活断層は布田川断層からの分岐断層で、

不思議なことにすぐ脇にある住宅は

無傷だったが、家主と庭越しに話すと「田植えの時期だが水源地が崩壊し、

この集落では今年の田植えを見送った。」と聞き、返す言葉が無かった。




a0096313_19275161.jpg





a0096313_1928419.jpg





a0096313_19281778.jpg





a0096313_19282925.jpg





a0096313_19284561.jpg

by whosanf | 2016-06-08 19:31 | 環境問題 | Comments(0)

由布市の山小屋。

平成28年6月3日。

4月16日山小屋のある大分県由布市でも震度6弱の地震が起きた。

相当な被害を覚悟して山小屋の管理人さんに入れたところ

「ものすごい揺れだった。」

との返事に少し動揺したが恐る恐る山小屋の被害状況を尋ねると、

「外見はなんともないようですよ。」

と謂れ安心したが、室内はガラスなどが散乱しているとの事だっ。

地震発生から50日。

事務所のペンキ塗りを終えやっと来る事が出来た。

室内に入ると食器棚の扉が開き、床にゴップの破片が散乱していたが、

幸い他に被害は無かった。

小屋のまわりに生い茂った雑木が根を張り揺れを軽減してくれたようだ。



a0096313_18524948.jpg

by whosanf | 2016-06-08 18:54 | 環境問題 | Comments(0)

熊本地震。


4月23日。


雨で塗装作業が出来そうも無いので気になっていた八代へ出かけた

渋滞を予想し朝4時半に家を出る。

車の流れは意外とスムーズで、熊本市内7時到着。

熊本城へ行く。




a0096313_11575396.jpg





a0096313_1158924.jpg





a0096313_11582389.jpg




熊本のシンボルとも言える城は天守閣の瓦や石垣が崩れ落ち無惨な姿となっていた。




a0096313_1158547.jpg





宇土市役所。




デザインを優先した建物はもろかった。


今にも崩れ落ちそうだ。




a0096313_1159781.jpg





被災され方々には気の毒でかける言葉も無いが人はいつかは死を迎える事と

同じように、自然災害は身近で起きる事を改めて思い知らされた。




a0096313_11592088.jpg

by whosanf | 2016-04-27 12:16 | 環境問題 | Comments(0)
by whosanf | 2016-02-20 11:24 | 環境問題 | Comments(0)

遠い海。


平成27年11月21日。

 


  山口県下関市小月の海岸


下関から小月まで国道沿いの道は埋めたてられた海岸線に作られた

工場地帯が続くため海は間近に見えない。



a0096313_11352482.jpg





工場の建設を優先したためか、漁港はほとんど見当たらず

たまに目に入ってくる海は住居を守るようにコンクリートの

護岸壁が延々と続いている。




a0096313_1136421.jpg





a0096313_11354152.jpg





a0096313_11355794.jpg





a0096313_11361271.jpg





a0096313_11362729.jpg

by whosanf | 2016-01-02 10:00 | 環境問題 | Comments(0)