森!。

今まで森や滝などの風景写真を各地で撮り続けてきましたが
この数年、秋の紅葉のいろどりは以前ほどあざやかでも無く、
滝を流れ落ちる水はほとんどが濁流で心を癒してくれる自然の美観というものは、
年々すくなくなってきているな〜と感じていました。

これまでは荒廃した風景にはできるだけ目を背け、美しい風景にのみレンズを向けてきました。
 
そんな私でしたが、平野虎丸さんの講演を聴く機会に恵まれ、そこで自然農を実践する人や環境問題に関心を持つ仲間との出会いがあり、目からうろこがおちるといった事を見聞したことで自然を再認識させられ、硬化しつつある思考をもみほぐしながら、少しづつ勉強と実践。
そんな行動をてさぐりで起こしています。

大分の庄内町に黒岳と言う銘水の湧き出る山があります。
銘水の湧き出る場所は男池と呼ばれ、地下からこんこんと水が湧き出ています。
ここへは水汲みに来る人や、森林を散策に来る人が年間を通じて沢山訪れます。

黒岳には九州で最大規模のブナを中心とした原生林があり、降り注いだ雨
粒は長年にわたり形成されたスポンジ状の分厚い地層で浄化され地中に蓄えられるので、
日照りがつづいてもこの池の水が涸れる事が無いのです。
a0096313_1236503.jpg

街路樹に使われる事が多いけやきの木ですが、
巨石を抱き込んだ姿は、自然の生命力のすごさを感じさせてくれます。
a0096313_12402633.jpg
a0096313_12411079.jpg

その周辺にはいろいろとゆたかな自然の営みが見られます。
このキノコはツキヨタケと言い夜間には発光するそうです、美味しそうに見えますが有毒です。
a0096313_1244655.jpg
a0096313_12442040.jpg

by whosanf | 2009-09-28 12:45


<< 巻き枯らし。 樹よ。 >>