平野虎丸氏福岡県篠栗町土砂災害検証。同行の記録

山口から福岡に戻り、平野さんに無理を言ってご子息ともに私の事務所にお泊まりいただきました。

センペイ布団に寝袋、おまけに雑魚寝。

私は楽しかったのですが、と心配していたら

先ほどお電話で(おかげさまで、楽しかったですよ。)と,平野さんからわざわざご連絡をいただき、

恐縮です。

これに懲りず、いつでもお越し下さい。

さて、昨日に引き続き本日8月4日は、福岡県の篠栗で起きた土石流災害の検証です。
a0096313_1913567.jpg




7月24日に起きた篠栗での土石流災害は、

発生時の1時間の降雨量が、山口県防府の70ミリに対して

100ミリを超えた数字となっていて

その規模はどれほどのものかと想像しながら出かけました。

通行止めの場所から1キロ先に災害地があると言う事で歩いて向かいました。

災害現場のすぐ先に滝があり何度か撮影に出かけた事がある場所でした。

本部のテントが張られた先が災害地の様です。

まだ一人の遺体が見つかっていませんが、時折テントの中から笑い声が聞こえ、

遺族も同席して見守る中、とても不謹慎な態度に思えました。
a0096313_1913974.jpg

災害現場が近づくと、一人の男の人に何の様ですか?と声をかけられました。

平野さんが趣旨を告げるとマスコミならもう少し先まで行けますが、民間の方はここまでです。

大変申し訳なさそうに、そう告げられましたです。

指示された場所から撮影した写真が、最初の1枚です。

そこから私が撮影を続けていると、先ほどの男性と平野さんが何やら写真を見ながら話しています。

男性は篠栗町役場の土木課の人で、ある程度の知識があり

平野さんが指摘する前に災害の原因を話し始めました。

1部分、誤認がありましたが、平野さんが、「詳しいですね私私はその事を確認にきたのです。」と

告げると、マスコミが入れる場所まで案内してくれました。

そこからの写真がこの2枚です。

a0096313_1926037.jpg
a0096313_19261825.jpg

その後その男性は、暗に崩落現場の見える場所を教えてくれましたが、

そこに行くには車でかなり遠回りしなければなりません。

平野さんは、山越えしなければならないが、歩けばすぐにそこへ行けると判断されたようで、

歩いてその場所へ向かいました。

崩落現場はV字谷杉林を2つ超えた所ににありました。

行きと帰りの途中に、イノシシの巣後が2カ所有りその事を平野さんが詳しく教えてくれ教えてくれ

ました。

巣後が下の写真です。
a0096313_19362097.jpg


崩落現場は先ほどの男の人が言った(樹齢60年の美林の杉木立ち)からはじまっていました。

赤土の軟弱な地層に横たわる杉の木は貧弱すぎる程の根っこしかありません。

こんな場所では木が成長すればする程、杉の木が自分重みで倒れてしまうので

決して杉を植えてはいけない場所である、と平野さんは指摘します。

今後の対策として、崩落箇所から20~30メートル以内にある木はすぐにでも切り倒さないと、

次の雨で又災害が起こる。と平野さんは指摘します。

ここは私の住む所から近い場所なので、今後どのような対策が行われるのかを観察し。

定期的に報告します。

a0096313_19481132.jpg
a0096313_19503749.jpg
a0096313_19514022.jpg
a0096313_1952943.jpg

今までは美しい杉木立と言う認識しか持たず、

土石流災害との関係をここまでのものだとは思っても居ませんでしたが、

今回の同行取材に当たり、身にしみていろんな事が解りました。

今後もわずかに残された美しい風景を求めて、撮影を続けるとともに、

美しい自然を取り戻す活動を続けて行きます。

もっと森や自然の事、勉強します。
by whosanf | 2009-08-05 20:02


<< 久しぶりの夏日 平野虎丸氏山口県土砂災害検証、... >>