古い写真が撮られた場所を訪ねて。

平成27年11月4日。

広島県 帝釈峡。


実家にある古いアルバムの中に渓谷のような場所で

巨岩の前で撮った人々の記念写真があり、

子供の頃からスケールの大きなその写真が気になっていた。


そこに写った人々は昭和3年生まれの母と祖母の親戚で母は当時4歳

昭和7年頃の写真で、今回は86歳になる母を伴って現地をたずねた。



a0096313_15525601.jpg




母は年齢の割には足腰が達者で」約二キロの道のりを平然と歩いた。

渓谷ぞいに壁の様な岩肌が林立し雄大な風景の仲を20分ほど歩くと、写真の馬所に

到着した。



a0096313_15531953.jpg



道すがら母は当時の事を色々と思い出したようで、想いで話をとりとめも無く

話した。


a0096313_15533038.jpg



80年前写真に移された場所は当時とほとんど姿を変える事なく巨大な

天然石のアーチ雄橋(おんばし) は存在していた。



a0096313_16001995.jpg




a0096313_15535086.jpg

by whosanf | 2015-11-12 12:00 | 風景写真


<< 樹の生命力5。 秋の花。 >>