酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

福岡県春日市「雑餉隈銀天街」




平成27年4月29日。



「まさか!解体中では?」

工事中の入り口を見た時はそう思ったが、店の人に聞いたところ、

アーケードの屋根を修理していると聞いて安心した。




a0096313_17191825.jpg



天井に張り巡らされた足場板のせいで、アーケードの中はとても暗いが

多くの買い物客が行き交い、活気があった。




a0096313_17192652.jpg





雑餉隈(ざっしょのくま)の地名の由来は、

「雑餉」は古くは「雑賞」や「雑掌」とも表記されていて、

「雑餉」と「雑賞」は同じ意味で、元々は「食事」や「主食」「ご馳走」という意味で、

それが転じて「食事処」や「飲食店」という意味合い含むようになった。



a0096313_17193512.jpg




博多から太宰府を結ぶ「太宰府往還路」の間の宿(あいのしゅく:中間に位置する宿場町)

であったことから、太宰府詣でをする民衆の為の休憩の場所として酒食を商う店で

古くから栄えた。



a0096313_17194490.jpg




a0096313_17195210.jpg



その伝統からかつては歓楽街であったが、営業地区が通学路などに重なっており、

保護者からの苦情が多数あったことなどから、

風営法の改正を機とした警察の取り締まり強化により、違法店舗が多く摘発され閉店し、

ほぼ壊滅状態となり、いまは健全な商店街になっている。



a0096313_1720756.jpg




a0096313_17201743.jpg




a0096313_17202698.jpg




a0096313_17203551.jpg




a0096313_17205447.jpg




a0096313_1721352.jpg




a0096313_17211192.jpg




a0096313_17212048.jpg




a0096313_17212895.jpg

by whosanf | 2015-06-26 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)