大分県 三国街道。


平成27年4月28日。




藤川内渓谷からの流れは北川と名を変え、延岡市へと流れる清流だ。



パックリと口を開けた雑木林の伐採地。



a0096313_15561094.jpg





新緑のこの時期は、杉、檜と雑木林のコントラスト

がくっきり別れ分布がはっきり見て取れる。




a0096313_15563129.jpg





集落のすぐ上に広がる針葉樹の植林、雑木林を切り倒し山肌が露出した場所が

ところどころ目に付く。



a0096313_15564092.jpg



谷沿いの集落は土石流発生の確率は非常に高い。

谷沿いに植えられた杉檜は根が浅く、大雨が降ると土石流と倒木とが混じり合い

破壊力を増すので大変に危険だ。




a0096313_15564876.jpg





生活の中、山間部で守られて来た土石流被害に対する危機管理意識は高く、

奥山には手を付けないと言う掟が以前はあった。

しかし、戦後始まった過剰な植林と、砂防ダムにより危機管理能力は麻痺してしまっている。



a0096313_15565768.jpg



日本全国、土石流災害に対して危機管理を見直さ無ければ。

山間部に点在する集落は壊滅してしまうだろう。



a0096313_1557560.jpg




a0096313_15571458.jpg




a0096313_15572267.jpg




a0096313_15573111.jpg




a0096313_15573920.jpg




a0096313_15574750.jpg




a0096313_15575560.jpg




a0096313_1558332.jpg




a0096313_15581282.jpg




a0096313_15582066.jpg





a0096313_15582891.jpg

by whosanf | 2015-06-17 09:30 | 環境問題


<< 福岡県 行橋市内駅前通り商店街。 宮崎県 延岡市山下新天街。 >>