ストップ!川内原発再稼働311kmリレーデモ

平成27年5月27日。

川内原発の再稼働に反対し、鹿児島市からリレーでデモ行進を

続けてきた市民グループが27日午後2時、賛同者約200に迎えられ

福岡市にある九電本店に到着した。



a0096313_10131021.jpg




5月16日鹿児島市内市内を出発し、3.11にちなんで311キロの距離を

九州南岸の9カ所の自治体を巡り川内原発再稼働反対を訴えながら

11日間をかけてリレー形式で歩いて北上した。



a0096313_10131848.jpg




主催した市民団体「ストップ再稼働!3・11鹿児島集会実行委員会」

の向原祥隆事務局長は、「九電は一度も住民の前に出てきていない。

公開説明会を開くべきだ」と訴えた。

その後九州各県の反原発団体のメンバーも次々とマイクを握り、

原発再稼働反対の意志を熱く訴えた。

a0096313_10132669.jpg




a0096313_10133421.jpg




a0096313_10134381.jpg




a0096313_1013511.jpg




a0096313_10135928.jpg




九電が設定した入場制限に従い 100人が入場。

入場時、プラカードの持ち込みを巡り入場者と押し問答があり、

「抗議に来ているんだ!」と、反発する一人の入場者を巡り

九電側が聞き入れなければ警察を呼ぶと繰り返し対立するが、

仲間の説得を受けプラカードを場外においてしぶしぶ入場する場面があった。


川内原発再稼働の反対を求める113,400人分の署名を提出。

応対した広報担当者から、

4月に提出していた公開質問状に対する回答を口頭で受けた。

質問は  1,地震問題   2,火山問題   3、過酷事故対策   

4,使用済み核燃料について5,避難計画について 
  
6,九州電力の責任問題についてなど詳細に及び、

4時間を過ぎてもやりとりはほとんどかみ合わなかった。



 午後7時すぎ、広報担当者が「予定の時間を2時間以上過ぎている」

として議論を打ち切ろうとすると、前回と同じ対応に参加者らの不満が爆発し、

もみ合いとなる。

110番で駆けつけた警察官約20人が、仲裁する騒ぎになった。


a0096313_1014798.jpg




a0096313_10141455.jpg



 
向原事務局長は、質問状への納得のいく回答を求め、

再稼働前にあらためて話し合いの場を設けるよう、28日に九電に申し入れる。
by whosanf | 2015-05-28 11:26 | 原発廃止


<< 鹿児島県 鹿児島市天文館納屋通... 鹿児島県 鹿児島市天文館通りG... >>