酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

鹿児島県鹿児島市天文館「中町ベルク商店街」

平成27年4月25日。


妻のふる里は鹿児島で、里帰りの際にはラーメンを食べ歩くのが楽しみで、

沢山のラーメン店ひしめく天文館界隈は、こころおどる場所だ。




a0096313_1582479.jpg




鹿児島ラーメン

スープは豚骨ベースで、鶏ガラや野菜に加え煮干や昆布や干し椎茸などの

乾物も使う半濁スープが主体。

地理的・歴史的な要因から九州のラーメンの中では唯一久留米ラーメンの

影響を受けていないと言われ、麺はかんすいが控えめで直流の中太麺が多い。

また他のご当地ラーメンに比べ、横並びにパターン化しておらず店ごとに麺の

仕様やスープの体裁などのスタイルが大きく異なるのも特徴と言える。

また、九州では珍しく古くから「味噌ラーメン」をメニューに加える店も多く、

メニューの目玉にする店や専門店が多く存在するのも特色と言える。

その姿は定番の札幌味噌ラーメンとは大きく異なり、独自のスタイルで土着化した

言わば「鹿児島流味噌ラーメン」といえるものも登場した。ラーメンには関係ないが、

注文すると漬物(多くは、甘酢大根の千枚漬け)と緑茶が出されるという特徴がある。


a0096313_14351269.jpg



鹿児島ラーメンの元祖と言われる店は『のぼる屋』と言われ、1947年に開店した。

全国的な知名度は低いが、ご当地ラーメンとして根付いていた。2014年閉店。


全国的に「九州ラーメンは白いトンコツスープ」という印象が定着しているが

、鹿児島のラーメンは平均すると白濁していない

。どちらかというと褐色で澄んでいるものまであるほど。

傾向としてそれぞれのだしのハーモニーを重視したマイルドな味わいで

最後まで飲干せるスープが多い。獣の臭いが強く白濁した濃厚なこってり・

ガッツリ系な九州地白濁スープを期待している向きには淡泊で薄く物足りなく感じる場合もある。








a0096313_14352047.jpg




a0096313_14352670.jpg



鹿児島は大昔から鶏や豚を食べる文化があったため、

大なり小なり久留米ラーメンの影響を受けている他の九州ラーメンと違い、

鶏ガラ+豚骨をベースとした各店の個性が強く雛形的なラーメンが存在しない点が

最大の特長といえるだろう。

観光ガイドやグルメ媒体などでは、褐色系のスープに中太麺、

具として煮豚、湯通しのキャベツ千切り、細いモヤシ、キクラゲ、

香油代わりに焼きネギが散らしたものが鹿児島ラーメンのイメージとして

画像などを含め紹介されているようだが、それはあくまでも一昔前の

人気店の平均的なスタイルにすぎない。実際は白濁した豚骨スープ、

澄んだスープ、味噌ラーメンなどであっても麺や具なども含めて

ローカルアレンジがされていれば鹿児島ラーメンの範疇に含まれると

解されるという許容範囲の幅広さも特色である。

あまりの掴み所なさに「鹿児島ラーメン」というご当地ラーメンの実態は存在しない

酷評する向きもごく一部にあるようだが、見方を代えれば様々な要素を

貪欲に取り入れてきた懐の深さの証であり、店ごとにそれぞれ違う個性を

見つけられるので県外からの食べ歩き客は多彩な楽しみ方が得られるであろう。



a0096313_14353592.jpg




a0096313_14354262.jpg




a0096313_14355083.jpg




a0096313_1435578.jpg

by whosanf | 2015-05-31 10:00 | 商店街/市場/古い町並み | Comments(0)