大分県 中津市古博多町商店街。

平成27年3月18日。


博多、黒田官兵衛という福岡市と共通の地名があったので

その由来を調べてみた。

中津において官兵衛が情熱を注いだのが、まちづくりだった。

官兵衛は全国から大工や石工などの優秀な職人を集めて

町割りをして住まわせ、機能的な町を作っていった。

現在でも中津の町名には「姫路町」「京町」「古博多町」などの地名が

残っており、これらは呼び集め住まわせた職人たちの出身地にちなむものだと

言う事が分かった。


a0096313_13191235.jpg




a0096313_1319223.jpg




a0096313_13193030.jpg




a0096313_13193839.jpg




a0096313_13231885.jpg




a0096313_13232890.jpg

by whosanf | 2015-04-14 09:42 | 路地裏散策


<< 大分県 中津市 新博多町商店街。 大分県 中津市日の出町商店街。 >>