酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

熊本県 天草沿岸の風景。

平成27年2月20、21日。


千厳山から雲仙普賢岳が間近に見える。



a0096313_13554871.jpg




永目十五社宮のアコウ樹は、推定樹齢300年以上で幹の高さは約15m、

幹まわりが約 11mで、熊本県で1位、全国で3位の巨木として認定されている。

境内の敷地いっぱい に張り出した根は、神社のご神木として年輪の重さを感じさせる。



a0096313_13561699.jpg



倉岳山頂から牧島、御所浦島が見える。

御所浦島では恐竜やほ乳類化石が沢山発掘され白亜紀資料館など

恐竜の島として有名な所である。



a0096313_13562719.jpg



烏帽子坑跡。

 牛深を中心とした天草南部炭田は、俗に「キラ炭」と呼ばれる無煙炭で、

カロリーが高く、揮発性の強い優秀な石炭で、軍艦の燃料となった。

このため、当時の海軍省などの天草炭田への期待は大きいものがあり、

海底掘進という危険性があっても、露頭する炭層の採炭に着手し出炭したが、

湧水等に悩まされ、数年間ほどで創業を中止したとされている。



a0096313_13563931.jpg



それ以降約110年の間、何十回もの台風が来襲し大波を受けたにも関わらず、

赤土と松ヤニを混ぜて接着したとされるアーチ型の赤レンガの坑口は現代にも

その姿を留めている。



a0096313_13564891.jpg



崎津天主堂。



a0096313_13565999.jpg




富岡城石垣。



a0096313_13572844.jpg




富岡城趾より町を隔てて九州電力苓北発電所が見える。



a0096313_13573795.jpg




a0096313_13574617.jpg




a0096313_1357552.jpg




a0096313_1495442.jpg

by whosanf | 2015-04-02 10:00 | 風景写真