酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

福岡 柳橋連合市場。

平成27年1月7日。


平日のお昼時に訪ねた柳橋連合市場は、おどろくほど閑散としていた。

博多の台所としてマスコミやメディアに度々取り上げられ、他の市場が衰退

して行く様を尻目に、常に繁盛し続けている姿を想像していただけにおどろいた。

50歳代の魚屋の奥さんに話を聞くと、客のおよそ7割が料理人等で日、祝日定休、

近年は観光客が大勢来るが、生ものが多いのでほとんど売れないと嘆いていた。



a0096313_14335640.jpg




那珂川に架かる柳橋のたもと(左岸)に位置し、住吉通りに面する。

設立は1918年7月。

現在の博多区大浜にあった魚市場(福岡市中央卸売市場鮮魚市場の前身)で

仕入れた鮮魚を商った「明(あきら)市場」が活況を呈し、

他の店舗も隣接して出店し、商戦時中は低迷するも、

終戦後は闇市もたち急速に勢いを取り戻した。

その後に各店舗を取りまとめて柳橋連合と称するようになつた。

「ウィキペディアより。」



a0096313_1434658.jpg




a0096313_14341688.jpg




a0096313_14342643.jpg




a0096313_14343491.jpg




a0096313_14344342.jpg




a0096313_14345189.jpg




a0096313_143511.jpg




a0096313_1435933.jpg




a0096313_14351888.jpg




a0096313_14352715.jpg




a0096313_14353710.jpg




a0096313_14354675.jpg




a0096313_14355524.jpg




a0096313_1436428.jpg




a0096313_14361380.jpg




a0096313_14362438.jpg




a0096313_14363374.jpg

by whosanf | 2015-03-21 10:00 | 路地裏散策