酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

福岡県飯塚市(旧嘉穂郡)「筑穂町」





私の実家は飯塚市長尾という所に有り、

2006年の合併前まで地名は嘉穂郡筑穂町と呼ばれた。

筑穂町は昔嘉穂炭坑があり、石炭の町として栄えた。

熊本の出身である私の父は大学を卒業後、田川の上田炭坑に

救助隊の隊員として就職するが、

この町で大学の先輩の経営する土建会社にに誘われ

勤務する事になる。

しかし、父は炭坑の町に就職しながらも、私が小学校に上がる頃から

長崎の伊王島炭坑に単身赴任し、それから6年程

盆と正月しか家には帰ってこなかった。

当時の面影を残す炭住が今も数件残っている。



a0096313_16242879.jpg





昭和45年に炭坑が閉山されるまでは1区から3区まで炭坑住宅が

立ち並び、それぞれの区には炭坑風呂と呼ばれる銭湯ほどの

大きさの大衆浴場ががあり、住民ではなかったが炭住すむ

友達とならばただでその風呂に入る事が出来た。



a0096313_16265719.jpg




a0096313_16271658.jpg





栄町と呼ばれたこの一帯には大きなスーパーマーケットや駄菓子屋、映画館

があり、映画館は冬の暖房として練炭が座席横の通路に

並べてあり、映画を見終わる頃は頭がくらくらしたが、

今思えば軽い一酸化炭素中毒を起こしていたのであろうが、

全体がスキマだらけで死人が出る程の大事にはならなかった。



a0096313_16272899.jpg




a0096313_16345376.jpg




a0096313_1635452.jpg




a0096313_16351591.jpg




a0096313_16352533.jpg




私が出た上穂波小学校。



a0096313_16365581.jpg




当時小学校の運動会は町を上げてのイベントで、沢山の出店が並び

縁日のようににぎやかで、大人達は公然と酒を飲み酔っぱらった。



a0096313_1640240.jpg




a0096313_16401643.jpg




筑豊本線、上穂波駅。



炭坑が閉山し、ここから沢山友達が各地へ旅立って行った。



a0096313_16403143.jpg

Commented by 昔人 at 2016-08-03 18:15 x
栄町の商店街は、15年ほど前、30年ぶりに行ってみました。狐につままれたような気分でした。
by whosanf | 2014-12-12 16:53 | 風景写真 | Comments(1)