酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

台風18号接近。

「10月5日河内塩屋」。

八代を過ぎたあたりから、横殴りの風に車が

揺られた。

熊本新港を抜け海岸線にでると、夕刻の空は不気味な程

どす黒く立ちこめたいたが、対岸に見える雲仙岳の上空は

そこがけ空間が明るく、黄金色の晴れ間がのぞいていた。

a0096313_156732.jpg


昨日の夕日に続き、今日も夕焼けが見れるんじゃないか?

そう思い、急いで見晴らしの良さそうな高台を探した。

小さな港町で、河内塩屋と書かれた信号機を山の方へ

曲がった。

狭い農道を登って行くと、石垣で築かれた段々畑に出た。

そこはみかん畑で、夕日を浴びた畑の上空すーっと

虹が架かった。

a0096313_15125277.jpg


畑には小雨まじりの暴風が吹き付けており、三脚に

取り付けたカメラをしっかり押さえながら海の方へレンズを向けた。

みかん畑の向こうに港が見え、見る見るうちに空が変貌した。

a0096313_15175974.jpg


「うぉ〜」と、うなり声を上げ空を見続けた。

a0096313_15202219.jpg


やがて、辺り一面が真っ赤に染まり、

夢と、現実との判断がつかないくらい混乱しながら

シャツターを押した。

a0096313_15255838.jpg


a0096313_1526813.jpg


夕日の赤い残照は、日が沈んでからもしばらく続き、

2日続けて感動を届けてくれた、台風18号に感謝した。

a0096313_15262028.jpg

by whosanf | 2014-11-04 10:34 | 風景写真 | Comments(0)