カヌーで旅をした思い出の町。

「9月30日さつま町へ。」

再び戻った出水市で仕事の連絡。

10月2日に繰り上がった仕事が再び延期になり

帰る必要が無くなった。

「やった〜」と思った。

久しぶりの自由な時間を得て、気分は仕事どころではないのだ!

よし!とりあえずさつま町へ行こう。

出水市のコインランドリーで溜まった衣類を洗濯した後、

さつま町へ向かった。

雨の中、いくつかの峠を越え4時過ぎにさつま町に着いた。

とりあえず、今夜の寝床を探すため町中をうろつく

小高い丘の上に展望台が見えたので、そこへ向かう。

a0096313_16535720.jpg


そこから町を見下ろし、26年前にこの町から組み立て式のカヌーに

乗って、20キロ下流のさつま仙台市まで2泊3日の一人旅

をした時の事を思い出していた。

  「10月1日さつま町。」

丘の上にはトイレが無く、昨夜はこの町の運動公園の駐車場で車中泊。

a0096313_1714436.jpg


a0096313_1715586.jpg


最初は穏やかな流れだったが、

a0096313_172421.jpg


いきなり瀬が現れ、必死で流れの中でパドルを漕いだ。

「ここだったのだ!」

a0096313_1721496.jpg


当時は川沿いの風景しか覚えていない。

a0096313_1722361.jpg


a0096313_1723215.jpg


a0096313_1724711.jpg


近くに滝があるのでそこへ向かう。

これも13年程前の話。

九州中の滝を撮影する計画をし、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、

と数階に分けて撮影した後、 宮崎の一部まで終わったところで中断した。

中断の理由は、今となっては覚えていないが、山を登り、一日をかけて

見に行く滝もあり、断念したのかもしれない。

それでも、近くに滝があると

見てみたくなる気持ちは変わっていないようだ。


「永江ノ滝。」

a0096313_16351066.jpg


滝は山の中にある事が多く大概探すのに苦労します。

水江ノ滝も例外無く中々見つかりません。

探しまわる途中、彼岸花の似合う民家がありました。

a0096313_1824014.jpg


「観音の滝」

a0096313_17162680.jpg


「曽木の滝」

a0096313_1718215.jpg


a0096313_16342319.jpg


a0096313_17184280.jpg


a0096313_17185115.jpg


「曽木発電所跡」

明治42年に竣工し、その出力は当時国内でも最大級。

鶴田ダムの底に沈んでいたが、産業遺構として保存計画が

持ち上がり、現在整備を進めている。

a0096313_17191044.jpg


「宮之城温泉」

川下りの一泊めはこの河原にテントを張り、すぐ近くのあった温泉に

浸かった。

a0096313_1723180.jpg
    

a0096313_17231299.jpg


a0096313_17232430.jpg


「すっかり寂れてしまったな〜。」

    懐かしさはため息に変わった。

a0096313_17233397.jpg

by whosanf | 2014-10-23 17:32 | 風景写真


<< 焼酎 伊佐美。 鼻の付く地名。 >>