そろそろ復活します。

正月おとその味がとて辛かった。父が塩抜きをしていなかったようだ
一年前なら「ナンバボケートしょるとね」と親父に突っ込んでいただろうが
ことしはそれができなかった。

親父の衰えを、真近で感じ入ってしまったようだ。

人生の終焉に向き合う人たちを支える時が来た。

「未知の世界へ突入!」不安は募る。

「なるようになる。」身の回りに80以上の老人4人を抱えたこの身に奮起を!
自分の体に促すが空回りする毎日。

「復活まで、今しばらく!」
by whosanf | 2013-02-23 00:38


<< 桜が、 『北九州市放射能瓦礫受入問題~... >>