おいで福岡プロジェクト・夏2011。

福島の子どもたち、おとなたちを福岡のうきは市へ呼んで
「大自然のなかでくつろいでもらいたい」
「放射能をデトックスし、免疫力をあげてもらいたい。」
と言う願いから(おいで福岡プロジェクトチーム)が主催する
イベントが8月9日〜8月23日の日程で行われる。
a0096313_15452927.jpg

このイベントに共催している「ママはげんぱついりません」の親子30名が
福岡市天神で支援のための募金活動を行った。
a0096313_15455186.jpg

薄曇りの天気なのに、無風に近い状態のビルの谷間はコンクリートが
発する放射熱で、じっとしていても汗がにじむ。
a0096313_15461760.jpg

自らが福島や、宮城、東京から避難してきた親子は、地元の親子や支援者と
共に懸命に声を上げ、ビラを配り、支援のための募金を呼びかける。
a0096313_15463639.jpg

この日、通りを行き交う人の反応は決して悪くはない。
日々原発事故への関心は高まっているようだ。
a0096313_15484880.jpg

募金者は、若い人、制服姿の高校生もかなりいる。
数人に話しかけると、授業で原発の話題が多くなったとの事。
a0096313_15492037.jpg

a0096313_15494319.jpg

a0096313_15495894.jpg

一時間で3万1千4百5円の善意が寄せられた。
a0096313_15503480.jpg

a0096313_15505528.jpg

同じ場所で脱原発の署名集めをする、福岡教育労働者の会への反応も
かなり良いようで、40名の署名が集まった。
a0096313_15522279.jpg

「僕たちは原発反対です。」そう答えてくれた大分県狭間町から来た高校生たち。
募金と署名の両方に協力してくれた。「ありがとう!」
a0096313_15523833.jpg

a0096313_15533159.jpg

by whosanf | 2011-07-31 15:54 | 原発廃止


<< さよなら原発夏祭り。 天然のお茶畑。 >>