酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

なぜ、植林するのだろう?

水を張った田んぼの向こうに、植林した木を楷閥した山が見える。

ここは内住と呼ばれる地区で、私の住む糟屋郡の宇美町から隣の飯塚市へ向かう峠道の
途中にある、山深い集落だ。

a0096313_14471272.jpg


1ヘクタール程の山の斜面で樹齢40年〜60年程の杉、ヒノキが切り倒され、
一見すると禿げ山状態だが、近づいてみると木がなくなり日当たりが良くなった所
では、植林以前からそこに有った木が無数に勢い良く伸びている。

自然は、自然にまかせておけば復元する。

1年もすれば雑木や雑草が土俵を覆い、20年である程度の林になり、時を経て森へと
復元してゆく。このままの状態で放置しておけば良いのだ。

その事は、熊本でエコ林業を実践し「植えない森」を提唱する平野虎丸さんが26年の年月
をかけ、九州の数カ所で実証している。

a0096313_14534479.jpg


a0096313_1653514.jpg


しかし、残念ながら、すでにヒノキの苗木が植林されている。

a0096313_16535650.jpg


a0096313_16442015.jpg

戦後の復興期、木材の重要はまさに天井知らずに拡大を続け、全国の山林所有者は自分の山
に有った雑木を伐採し一斉に杉やヒノキを植えた。

それから60年程が経った今、そうした樹木は収穫期に入っている。

ところが、建物の多くは主として鉄骨を用い、外国から安い木材が大量に入るようになったため木材の利用は減り、林業従事者の減少や、高齢化の問題をかかえ、間伐などの手間を掛けることもできず、植林された山は荒れている。
そこから切り出された木は搬出するだけでも採算が取れず割に合わない。

それにもかかわらず、伐採した場所に再び植林する。継続しない林業のために、「なぜ?」
と思うが、森林法では伐採した後には、杉、ヒノキ、松、クヌギを植林する様、義務付け、
補助金を出してまで馬鹿な事をやっている。

a0096313_15541877.jpg


日本の政治は、現在も終息の見通しさえ立たない福島原発の人災で、あらゆる環境問題に無関心で、無策である事を露呈した。

これからの日本は、私たち一人一人が考え、行動し、不正を正してゆかなければ人任せでは
変わりようが無い。
by whosanf | 2011-05-26 17:09 | 環境問題