菊池洋一さん講演会

前原市にある「伊都文化会館で原発から身を守るために」と題して菊池洋一さんの講演会が
行われた。
菊池さんは忙しい中、ご自身の後援会の前に九電本社での反原発の呼びかけにも駆けつけて
くださった。
菊池洋一さんは米国の原発開発会社GETSCO (GE)の原子力事業部東京支社企画行程管理
のスペシャリストとして東海原発2号、福島第一原発6号の建設に深く関り
施行の過程において(GE)製品の欠陥に気付く、その事を東電に進言し施行のやり直しを
願い出るが黙殺され続け、良心の呵責に苛まれたあげく、原発製造から一時退くも
原発反対運動に立ち上がった。内部事情を知り尽くした数少ない反原発運動家である。
菊池さんの指摘する原発施行の不備やもともとある欠陥性は、経験者でしか知り得ない程
詳細で、その話の内容からは身震いするほど恐ろしい事実がが浮かび上がる。
a0096313_1739953.jpg


菊池さんの「原発事故は起きてからでは遅いんです!」という叫び
「福島では起きてしまったという現実」
放射能の脅威を知れば知る程、未だに原発が稼働し続、経済発展や生産性を重視する
世論がある事自体に背筋が凍る。
a0096313_1844119.jpg



by whosanf | 2011-05-19 18:05 | 原発廃止


<< 勇気ある人。 原発停止、廃炉要請。 >>