酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「ママは原発いりません」福岡パレード

  24日土曜日午後2時より、
「ママは原発いりません」実行委員会のを中心に14団体120名が参加して
「原発反対パレード」が行われた。」
a0096313_1831542.jpg

 福岡市中央区にある警固公園をスタートし、「原発いらない!」「便利より命!」
と連呼し、市内で一番の天神繁華街を1時間半に渡り街行く市民に呼びかけ、
終了時点では途中から加わった80名を加えその参加者は200人に増えていた。

a0096313_18313638.jpg

 パレードの要旨(パンフレットより転載)

原発は必要だ、必要じゃない、放射能は危ない、危なくない。
いろんな情報が飛び交っています。
どんな情報を信じるかは、その人の状況に違うかもしれない。
でも、「子供の健康を脅かすものはいりません」というママの気持ちからならば、
みんなつながれるのではないか。
そう考えた避難中のママと福岡のママが企画した合唱パレードです。
a0096313_18385528.jpg

この企画を立ち上げた後、一番多く頂いているのが、
「原発が無くなったら電気が足りなくなるのではないか」という声です。
しかし、実を言うと日本には、すぐに原発を止めてもまかなえるほどの
火力発電所があります。(京都大学の小出裕章助教)
まずは全国の原発を止め、火力から徐々に自然エネルギーに比重を
移してゆくべきだと考えています。
a0096313_18542020.jpg

幸いな事に、日本には世界でも有数の自然エネルギー資源大国なのです。
福井県立大学の田中優非常勤講師
a0096313_18544175.jpg

「絶対、事故は起こさせない」という政治家の発言を未だに耳にします。
福島第一原発の事故はすでに、人間の「絶対」が、自然の猛威の前ではいかに
もろく崩れ去るかを証明しました。
a0096313_18595650.jpg

しかも、ここは地震大国、日本。福島で起こることは、明日にでも、
起日本のどこでもこりえる事です。
a0096313_1991288.jpg

福岡市から50キロの場所にある玄海原発は、昨年末、地震も無いのに、放射能
漏れの事故を起こしました。
a0096313_1912548.jpg

その2,3号炉を九州電力は6月に再稼働すると発表しています。
玄海原発で福島第一原発のような事故が起これば、今、私たちを救ってくれている
西風は、福岡のみならず日本海全土を放射能で覆うでしょう。
a0096313_19154036.jpg

内部被ばくによって、成長過程にある子供は大人の100倍、胎児は1000倍の
影響を受けると言われています。
a0096313_19204216.jpg

起きてからでは、遅い。そう考える私たちは、次の二つを活動のメインの
目的とします。
a0096313_19232931.jpg

1, 5月までの間に2,3号炉の再稼働はやめようという声を九州電力に届ける。
2, パレードを通じて一人でも多くの方に、私たちが今置かれている現状に
気付いていただく。
a0096313_19253473.jpg

今まで電気を供給してくれたウランに「ありがとう」の気持ちをこめ、
力強く「さようなら」を歌おうではありませんか。
a0096313_19343642.jpg

4月20日に九電本社ビルまえで始まった座り込みもテントの数を
日々増やしながら継続しています。
a0096313_19465984.jpg
a0096313_19464830.jpg

Commented by 、(菊^――^菊)にま~ at 2011-04-28 19:50 x
この活動が、大きく大きく広がっていくといいですねえ^^結局、仲間作りが大きな力になると思います!いつも、大切な報道有り難うございます!
Commented by よっこちゃん at 2011-06-08 10:18 x
原発はいらない、同感です、孫やその子孫に顔向けできないような、負の遺産は、私が生きているうちに無くしたい、パレードに参加します。
by whosanf | 2011-04-23 19:36 | 原発廃止 | Comments(2)