消え行く森。

晴天で、前日までの寒さが嘘のように暖かかったので
久しぶりに井野山へ犬を連れて登りました。
この山は私の住む糟屋郡の宇美町にあり、標高が236メートルと
低い山ですが、360度のパノラマの風景の中に福岡市内を一望する事が出来る
私のお気に入りの山です。
ふと、見下ろした景色の中、山肌の樹々を伐採した跡が目に留まり、
下りて確認に行きました。
a0096313_1629226.jpg

a0096313_16293724.jpg

場所は福岡空港のすぐ近く、博多の森の一角にある(立花寺)という新興住宅地の裏山
です。
a0096313_1632303.jpg

伐採された斜面に近づいてて見ると切り倒された木は、ほとんどが雑木です。
福岡市近郊からまた一つ、雑木林が消えました。
a0096313_16363760.jpg






さらに上へ登るとあちらこちらに、切り倒された楠の木切り株が点在しています。
a0096313_16392062.jpg

切り株が数本集まっている斜面の頂上付近に近づくと、赤土で出来た遺跡があり
石棺が2基露出していました。
a0096313_16552753.jpg
a0096313_16561586.jpg

周りの状況から、この場所は古墳の様です。
すぐ近くに板付遺跡があり、縄文時代の竪穴式住居が復元されています。
石棺の調査は既に済んでいる様ですが、雑木林を切り開き、何を作ろうとしているのでしょうか?
a0096313_16531865.jpg
a0096313_1657415.jpg
a0096313_1658549.jpg
a0096313_17182831.jpg
a0096313_1657399.jpg

a0096313_16582980.jpg

by whosanf | 2010-12-24 17:15 | 環境問題


<< 積雪ならず。 山小屋に、聖者がやってきた。 >>