酔眼的日常を写真日記でつづります。リンクフリーです。写真の無断転用は禁止致します。


by whosanf

怒。まだ林道を作るのか!


平成20年10月28日。

福岡県志免町しょうけ越え山頂付近。

若杉山から三郡山へむかう登山道のすぐ下に平行するように

林道が造られている。

周囲に広がる広大な杉林は手入れの行き届かず、線香のように細い

杉の木が林立している。

そんな場所に林道を造っているが、「なんのため?」

とおもってしまう。


a0096313_1363653.jpg

長さは500メートル程続き、岩盤を砕いて先へ進もうとしている。


a0096313_1395078.jpg

道を造るため杉やヒノキが伐採され、明るく、日を浴びるようになったその地面からは

もともとその地に有った自然の樹木が一斉に芽を吹きだし、平野虎丸さんが提唱する

(植えない森)植林の必要がないほど、自然の樹木の復元力が強い事を示している。
a0096313_13184392.jpg

元々有った獣道の上を重機で押し広げ、林道は作られている。

杉やヒノキが植林された山にはただでさえ鹿やイノシシのえさが少ない。

人の手によって山から追い出され、行き場を無くし、命がけで人里に下りてきたところを

猟銃で撃たれている。
a0096313_1339139.jpg
こうした人目に触れない場所で手入れも、伐採もされない人工林のために公金を

投入し山が荒らされて行く現場には怒りの感情を抑える事が出来ない。

a0096313_9193491.jpg

by whosanf | 2010-10-31 13:45 | 環境問題 | Comments(0)